フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 救急受け入れ

くたびれ ナースマン です

退勤するときに、ある職員から質問を受けました

このNs。今日の救急ホットライン担当で、救急受け入れから入院した患者のことでした

救急ホットラインでは 「 左下肢のしびれ 」が主訴の連絡

ナースマンに、「何を考えて受けますか?」と質問が

脳疾患?整形外科疾患?代謝疾患?精神?

思いつくことが多すぎて、もう少し情報収集

情報収集しても他にしびれなし、麻痺なし

打撲歴なし、ヒントになるものがなかったそうです。

初療し、検査をしてみなければ進展が・・・と判断し内科で受け入れ

最終診断は、腸骨動脈閉そくで血管外科で入院→明日手術ということになりました。

結果、対応できよかったのですが、受け入れて良かったのですかね?

と悩んでいたみたいです。

救急というのは、本当に少ない情報から判断しなければならないことが多いです。

その情報だけで判断すると、大きな疾患を見逃したり、

軽症を断ったりと相反する結果のほうが多いです。

救急というのは、とりあえず受ける。初療診断したあと考えるが基本になります

ただ医師から文句言われたり、救急患者を対応するスタッフから愚痴られたり

ホットライン担当はストレスが多いポジションかもしれません。

また夜間になる、この考え方も変化させる必要もあるのですが、

今日の救急は、明日の手術対応も段取り出来ましたし、お手柄になる事案です。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。