フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
くたびれ ナースマン です

今ニュースをいろいろ読んでいましたら、

ある芸能人が 「IBD」の闘病をという記事を読んでいました。

keyword IBDとは

IBDは、炎症性腸疾患(Inflammatory Bowel Disease)のことで、
一般的には潰瘍性大腸炎(Ulcerative Colitis)とクローン病(Crohn's Disease)のことをさしています。

潰瘍性大腸炎(UC)とは
潰瘍性大腸炎は、大腸に慢性的に炎症が生じ、潰瘍ができる原因不明の病気です。病気がおこる場所(病変部位)は直腸を中心として始まり、大腸全体にまで広がることがあります。症状としては血便、粘液便、下痢や腹痛などがあげられます。 この病気は症状が良くなったり(緩解)、悪くなったり(再燃)を繰り返す慢性の病気で、厚生労働省より特定疾患に指定されています。
クローン病(CD)とは
クローン病は原因不明で、主に10~20歳代の若年で発症し、消化管に縦長あるいは不整型の潰瘍、粘膜が腫れたり、内腔面が狭くなったりする炎症性病変です。この病変は口腔から肛門までの消化管のあらゆる部位に見られますが、小腸や大腸が好発部位です。主な症状として腹痛、下痢、発熱、肛門病変などがありますが、その他、消化管以外の合併症を伴うこともあります。 この病気は潰瘍性大腸炎と同様に厚生労働省により特定疾患に指定されています。 


潰瘍性大腸炎、クローン病の総称です

ナースマンは 「内視鏡技師」を持っていまして、

これらの患者に対応していました。

1年1回以上の内視鏡検査、治療としてのGCAPなど

検査・治療も襲侵が大きいですし、経過も長いです。

特に再燃している期間は、大変です。

絶食・中心静脈による点滴管理。

本人にとっては、苦痛以外ないでしょうね。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村      応援ポチもお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。