フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 有床診療所設置、補助制度先走り

くたびれ ナースマン です

医療界のニュースから

スプリンクラー 有床診療所設置、補助制度先走り

10人の犠牲者を出した安部整形外科(福岡市博多区)の火災から7カ月以上たったが、再発防止のため急がれる有床診療所のスプリンクラー設置が混迷している。設置義務拡大を巡る国の検討部会の議論がまとまらず、厚生労働省が設けた設置費補助制度は「空振り」状態。診療所の多くが経営難で設置による負担増を不安視していることから、議論は慎重となり、補助申請も低迷している。
厚生労働省が設けた医療機関へのスプリンクラー設置費の補助制度に申請した有床診療所が、全国8905施設の17%にとどまっている
設置義務の対象拡大を論議している国の検討部会の結論が出ていないことや、補助を受けても経営が厳しい診療所には負担が重いためとみられる。医院火災で急務とされた対策が進んでいない実態が浮き彫りとなった。

甚大な事故でした。普通の火事という問題だけではなく

病気の方を預かる病院・医院に対し、大きな問題定義を投げました

病院という設備なら、年に1~2回 管轄消防署の立ち入り検査があるはずです

消火器の位置・防火扉・非常口、それに合せ避難通路が確保されているかなどなど

結構細かくチェックされています

7か月前の火事は医院でしたので、当てはまらないですが、

再発防止が、本当に大切になる。  はずなんですが・・・

経営難を理由に設置申請が17%?。国の検討も進んでいない?

いやいや、人が亡くなっているですよ。

原因は 「 防火扉の不備 」とわかっているんですよね

なにか憤りを感じる ナースマン でした


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村       応援ぽち お願いします
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。