フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 津波襲来時は陸の孤島? 兵庫・淡路島の拠点病院

くたびれ ナースマン です

少し気なる記事を見つけました

津波襲来時は陸の孤島? 兵庫・淡路島の拠点病院
兵庫県洲本市の洲本港近くに昨年5月、淡路島の災害拠点病院として開院した「兵庫県立淡路医療センター」が、南海トラフ巨大地震で津波が来た場合に“陸の孤島”となり、救急対応できない可能性が指摘されている。津波浸水防止壁などハード対策はしているが、周辺地域が浸水すれば患者の搬送や医師の参集などに支障が出る恐れがある。だが、淡路島全域の災害体制づくりを担う県などは、孤立化を想定したマニュアルを整備していない。
 災害拠点病院は、緊急事態に24時間体制で対応し、重症患者の受け入れ・搬出、災害派遣医療チーム(DMAT)の受け入れ・派遣の機能などを備える。複数の市町にまたがる「2次医療圏」ごとに原則一つ指定される。
 同センターは、内陸部にあった旧県立淡路病院の老朽化に伴い新築した8階建て。洲本市街地に近い利便性などから2008年度に現在地を選んだ。
 着工直後に東日本大震災が起きたため、設計を一部変更。建物内部が浸水しないよう高さ1・4メートルの津波浸水防止壁で囲った。建物は免震構造にし、電源設備は3階に設置。地盤は液状化に備えて水分を抜いた。
 県が昨年12月公表した南海トラフ巨大地震の津波浸水想定によると、洲本市の最大津波高は最悪ケースで5・3メートル。第1波の到着は約45分後とする。
 同センターの浸水は0・3メートル未満だが、周辺は広い範囲が2メートル未満浸水する可能性があり、患者搬送や医療スタッフの集結に影響する恐れがある。
 県洲本健康福祉事務所(洲本市)は、津波などを想定した「地域災害救急医療マニュアル」を3月末に更新した。ただ内容は関係機関の情報共有による即応力向上などが主眼で、センター周辺が浸水する事態には触れていない。同事務所は「浸水した場合、災害拠点病院の機能を地域内でどう確保するか、検討したい」とする。

ナースマンのところは災害拠点ではなく災害協力

どちらかといえばバックアップ要素が強い位置づけです

孤立してしまうというのは・・・

地震耐性・津波対策・地盤問題色々あると思います

建物中心で、周りの環境は?・・・

周りの道路・ライフラインが切断されてしまう、医療・看護は

必然的に止まってしまいます

日頃、意識せず行っている事は建物・設備もそうですが、

その周りの環境も整備されているという条件で成り立ちます

今回の淡路島の件。問題が災害が起きる前に気付けました。

これから対策をどうしていくかが大切になりますね。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村         応援ポチ お願いします
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。