フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
くたびれ ナースマン です

本日夜勤明け。 CPAの搬入がありました。
CPAって?


心肺機能停止(CPA)
概要
心肺機能停止は心臓の機能が止まってしまった状態で、心停止とも呼んでいます。現在の日本の状況では、病院の外でこの心肺機能停止が起こると、歩いて病院を退院して社会復帰される患者さんは1%前後でしかありません。しかし、このように九死に一生を得ることができるのは、患者さん本人ではなく、周りの方々が適切に対応したことによることがわかっています。すなわち、いざというときの備えができていなければ助けることはできません。

1.ひとたび心肺機能停止に陥れば、意識を完全に失います。よびかけには反応がなくなります。
2.体を自分で動かすことはありません。
3.正常な呼吸は停止します。しかし、心停止のはじめの数分間は、死戦期呼吸と呼ばれる、喘ぐような呼吸をしている場合があります。この死戦期呼吸はまるで空気を大きく飲み込むような仕草に見えるかもしれませんが、普通の人のしている呼吸とは全く違うものです。
4.脈はありませんが、一般市民の方々は、脈の有無を確認する必要はありません


づらづらを書きました。何らかの原因によって心臓・呼吸停止の状態で
搬送される状態です。

ある意味、行う医療行為は決まっており、昨今BLS・ACLSの普及に伴い

初動の医療行動はマニュアル化されています。

しかし現実は、一番バタバタする状態。

疲労感はハンパないですが、やった感はMAXです。

昔はDOAと表現したり、脳死の問題が絡まったりと、

医療が進歩するのはいいのですが、現場はより高度なものを

求められる時代になりましたね。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村 応援ぽち お願いします
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。