フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 救急出動数を減らしたいのか、増やしたいのか、よく解りません。

くたびれナースマンです。

救急活動の話題に触れました。高齢化社会の階段を着実に登っている日本。救急出動数は増加すると確実視されており、大きな社会問題とも言えます。
救急活動の質向上と、救命向上を掲げて、国をあげての対策と考えていましたが、相反するような動きが・・・。

看護必要度の救急項目

平成28年度診療報酬改定で看護必要度も大きく改定されたことはこのブログでもお伝えしましたが、
その中のA項目「救急搬送後の入院(2日間)」ですね。
当初解釈が出る前には救急車の「車」の字がない。搬送車でもOK?自家用車でも緊急来院ならOK?
院内で様々な意見があり、どう算定するか議論していましたが、解釈には都道府県の救急車と明示されていました。
つまり、都道府県の救急車で搬送。その後入院になったら、A項目2点が2日間とれるという新規項目。
看護必要度の改定があまりにも外科系に偏っているということで、内科急性期を評価すると言う意味で登場した新規項目ですね。

相反する動き

救急活動の見直し・啓蒙活動は総務庁、診療報酬は厚生労働省。ここは連携していないのかなと感じています。
救急搬送後の入院に対し算定できるとなれば、救急車での来院を推奨する病院が出てくる可能性があります。
Pt 「急にお腹が痛いんです。診てもらえます」
病院 「大丈夫です。診察させて頂きます。ただし救急車で病院に来てください。救急車でなければ視ません」
看護必要度がギリギリの病院は死活問題なので、こんなことが、現実に起こる可能性が・・・・。

急性期の患者像ってなに?

救急出動数を抑制し、より質の向上を目指す総務庁と、若干救急利用を促進してしまった厚生労働省。管轄役所が違うだけで、こう相反するものかと思います。
看護必要度で救急車をたくさん受け入れている病院は急性期。この定義にも疑問を感じるのですが、
それなら一層、年間搬送数○○○○件とした方がいいのでは。
軽症でも救急車での来院は入院。看護必要度が急性期患者像を示していると言えなくなってきていると・・・・。
改定で無くなっていますが、意味のない血圧測定。急性期と言い難い頻回吸引。病院側は生き残りのために知恵(悪知恵)を出し合い、結局2年後、なくなる項目になるのではと考えております。

ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ


にほんブログ村




[Dell]決済後最短翌日出荷!<即納モデル>



関連記事
スポンサーサイト

コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。