フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 笑う門には・・・。いいこと尽くめの「笑い」

くたびれナースマンです。
笑いが絶えない、明るい人(家庭)
羨ましですね。なにか生き生きしていて元気一杯のイメージがあります。
そんな「笑い」に関して、こんな調査結果が

笑い


笑わないと脳卒中リスク増える? 千葉大など調査
普段、笑うことがほとんどない人は、ほぼ毎日笑う人に比べて脳卒中のリスクが1・6倍増えるとの調査結果を千葉大や東京大などの研究チームが発表した。

 2013年に全国の65歳以上の高齢者に調査表を送り、回答のあった2万934人を分析した。笑う頻度は「ほぼ毎日」「週に1~5回」「月に1~3回」「ほとんどない」の4段階で自己申告してもらった。

 「ほぼ毎日」を基準とした場合、ほとんど笑わない人は、脳卒中にかかったことがあると答えた割合が1・6倍高く、心疾患も1・2倍だった。研究グループは「笑いが脳卒中や心疾患の発症を抑える可能性を示した」としている。

「笑い」が健康に良いというのは昔から言われていますね。
笑いで病気が治ったという本も見たことがあります。
この笑いに関しては科学的にも健康効果があると言われています。

特に免疫力アップ!!
身体には悪影響を及ぼす物質(ウイルス)を退治してくれる細胞が存在します
それは、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)
このNK細胞が活発だと、がんや感染症にかかりにくくなると言われています。

笑うことにより、免疫をコントロールする間脳に興奮が伝わり、情報伝達物質の神経ペプチドが活発に生産されます。
笑いによって作られた善玉神経ペプチドが、血液やリンパ液を通じ体中に流れ出し、NK細胞の表面に付着し、NK細胞が活発化。免疫力がアップするという仕組みらしいです。

また他にも「笑い」の効果が
・脳の働きが活発化
・血行促進
・自律神経のバランスが整う
・筋力アップ
・幸福感と鎮痛効果
いいこと尽くめの「笑い」
年がら年中、笑っていることは不可能ですが、色々な事楽しみながら過ごせるように意識したいと、
家庭でも笑いを意識したいですね。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ


にほんブログ村




[Dell]決済後最短翌日出荷!<即納モデル>



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。