フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2016年診療報酬。看護必要度出てきましたよ。

くたびれナースマンです。

3月4日に平成28年診療報酬改定の詳細が出ましたね。
厚労省のホームページにアップされたのが3月4日の11時ごろ。
そこから、読み込みとシュミレーションの繰り返しで1日以上が潰れています。

このシュミレーション → やはり今回の改定の目玉「看護必要度」です。

追加された救急搬送への評価
手術等の医学的状況のC項目(M項目がいつまにかC項目という名に)
特に詳細が不明であった”救命に係る内科的治療”この部分の詳細がでました。

特に内科を中心でされている病院では、この”内科的治療”が7対1の生命線になりうる
重要な部分です。
その内容等は

救命等に係る内科的治療(2日間)
①経皮的血管内治療
②経皮的心筋焼灼術等の治療
③侵襲的な消化器治療
上記の3項目。中医協は曖昧な表現好きだな。もっとこれは取れる、これは取れないと表現してくれれば
いいのにと思っていたら、次のページに詳細が

①経皮的血管内治療
→経皮的な脳血管内治療・冠動脈カテーテル治療・選択的血管塞栓による止血術・t-PA療法
 胸部又は腹部のステントグラフト挿入術
注)検査のみの場合は含めない

②経皮的心筋焼灼術等の治療
→経皮的心筋焼灼術・体外ペースメーキング術・ペースメーカー移植術・除細動器移植術
注)ペースメーカ交換術及び除細動器交換術は含めない
注)体外ペースメーキング術は、1入院中に初回に実施した日から2日間までに限り評価を行う

③侵襲的な消化器治療
→内視鏡による胆道・膵管に係る治療・内視鏡的早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術
 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法・緊急時の内視鏡による消化管止血術
注)検査のみの場合は含めない
注)内視鏡的早期悪性腫瘍粘膜切除術又は内視鏡的ポリープ切除術を実施した場合は含めない
注)緊急時の内視鏡による消化管止血術は、慢性疾患に対して予定された止血術や硬化療法を行う場合、同一病変にについて1入院中に再止血を行う場合、内視鏡治療に起因する出血に対して行った場合等は含めない。

だらだら記載してしまいましたが、結構細かく指定してしています。
循環器に強い内科系の病院は今回の改定で恩恵を受ける可能性が高いですね。

消化器に関しても、内視鏡が充実している病院は恩恵がありそうです。
とくに検査ではなく、内視鏡処置を主体としている消化器内科が強い病院は恩恵がありそうです。

しっかり、処置系を実施している病院は評価ですね。
検査を主体で、処置は時々という病院に関しては厳しい内容です。

C項目で以前から出ている手術項目で、骨の手術(5日間)は特に注目です
内容的には
骨の手術
→骨切り又は骨の切除・移植を要する手術(指(手、足)の手術は除く)
→関節置換・骨頭挿入に係る手術
→下肢・骨盤の骨接合に係る手術(指(足)は除く)
→脊椎固定に係る手術又は骨悪性腫瘍に係る手術

なんと上肢に関しての規定がない?
橈骨遠位端骨折は?肘頭骨折は?尺骨骨折は?
このまま読めば、上肢の手術は対象外。
全身麻酔で行っても、”該当しない全身麻酔下の手術”で評価は2日間。これは痛い。

普通に考え、足はピンピンしてADL自立という人が多いのと、予定入院→予定手術が多いですね。
そう考えると急性期という概念からは少し外れるのですかね???。

ともあれ、詳細がでたおかげでシュミレーションがしっかりできます。

さあ7対1基準死守のためには大きなハードルになりそうで
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村




[Dell]決済後最短翌日出荷!<即納モデル>



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。