フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SNS、お手軽ですが、ここにこそモラルです。

くたびれナースマンです。

ナースマンが居住している大阪で、半分理解できて、半分理解できないという
できことが・・・・。

検査技師、診療画像をネット投稿…大阪労災病院

 大阪労災病院(堺市北区)に勤める男性臨床検査技師が、診療に関わる画像を、自らのツイッターのアカウントに掲載していたことがわかった。

 ツイッターには、流産した胎児とする写真も掲載されていた。同病院は「病院の信用を傷つけた」などとして、近く、この技師を処分する方針。

 同病院関係者らによると、画像には同病院の未記入の検査書類も含まれていたが、患者名などを特定できる記述はなかった。同病院は、この胎児の画像が患者に関するものかどうかは明らかにしていない。

 今月中旬、外部から指摘があり、病院が内部調査を実施。ツイッターには技師の顔写真が掲載されており、事情を聞いたところ、画像を投稿していたことを認め、「主治医の指示を受けて作業する際、私有のスマートフォンで(無断で)撮影した」と説明したという。

うむ~~。唸ってしまいますね。
この病院のホームページでも、謝罪文を掲載されています。
このニュースで、気持ちが半々と言ったのですが。

理解できる部分。
医師始め、多くのコメディカルの方は、このように実例や実体験で多くのものを学びとります。
とくに画像関係(レントゲンやエコー)というのは経験が読影力を向上させていきます。
多くの病院では症例検討と言って、複数の医師やコメディカルで実際に対応した患者の治療方針や診断に関して検証を行ったり、レントゲンやエコーの読影勉強会を行っている病院もあります。
ナースマンも内視鏡や救急に従事していたので、画像の勉強を頑張りました。
心電図をコピーし、基線を設定しSTを確認したりP波はどこだと、脳出血の救急を対応すれば、レントゲン技師さんに画像を教えてもらったりと、多くの患者の画像を見てきました。
だから知識向上を前提で、画像を集めたいと言う気持ちはわかります。特に異常所見やめずらしい画像は飛びつきたくなります。
わかるのですが・・・・。
ここからは理解できない部分です。
自身の興味本意だけで、患者のデータを外部に持ち出すと言うのは・・・。
プライバシー侵害と個人情報保護にまともに引っ掛かっていると思います。

前述したナースマンの画像の勉強。すべて院内です。病院が行う症例検討これも院内です。
学会発表等で外部にデータを持ち出す際、当該患者の同意と病院の許可がいるはずです。
それを自身のSNSというのは、危機管理能力と意識があまりにも低いのではと思います。

とくにツイッターということで、拡散したときの早さと影響と言う部分を考えたことないんでしょうね。
また画像ばっかりのツイッターって。あまり好まれるものではないとは思いますが・・・。

時代を反映している事件かもです。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ


にほんブログ村




最大69%OFF!ネット限定セール開催中 ナースリー





[Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。