フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 節分。邪気払いの豆、注意が必要です。

くたびれナースマンです。

本日2月3日は節分

豆まき

「鬼は外」 「福はうち」 お父さんが鬼の面をかぶり、子供たちが豆を
ナースマンの家でも恒例行事です。
ここ数年、子供たちも大きくなり、鬼の役も順番性で楽しくやっています。
また節分と言えば恵方巻き、今年は南南東ですよ。
その後は、歳の数だけ豆を食べる。
30歳過ぎたぐらいから、この豆を食べるのが億劫になってきております。

この豆を食べること
邪気を払った豆を「福豆」と呼び、福を年の数だけ身体に取り入れる
このことで健康で幸せで過ごせますようにと願うと言うことらしいです。

調べると豆を食べることって大切だなと思うのですが、
消費者庁が1月28日にこんな注意喚起を

2016年 1月 28日 Vol.274
ナッツ類は小さな破片も要注意!3歳頃までは与えないで!!

豆やナッツ類は、かまなくてもそのまま気道に入りやすく、乳幼児の窒息事故につながりやすい食品ですが、小さな破片であっても事故になった情報が医療機関より寄せられています。

「発熱とせきがあり肺炎疑いで入院。退院後もしつこい咳が続き、数か月後に気管支異物(ピーナッツの破片)が発見された。」(2歳)
「豆が混ざったクッキーを誤嚥し、しつこいせきが出て、一時的に唇が紫色になり救急受診。」(1歳)
「砕いて小さくしたアーモンドを食べていた。突然むせ込み、その後、せきと高熱が。数日たっても状態が安定せず、気管異物が認められ入院。」(1歳)

豆やナッツ類の小さな破片が気道に入った場合、放置すると気管支炎や肺炎を起こすこともあります。取り除くには全身麻酔が必要で、場合によっては肺の部分切除となることも。
3歳頃までは、豆やナッツ類は食べさせないようにしましょう。
(消費者庁 webページより引用)

小さい子供限定ですが、節分のこの時期にタイミングが・・・。
本当に小さいお子さんって、何でも口にいれて、たいへん事に発展することがありますよ。
特に事例のような気管に入ると大変です。
豆を食べての邪気払いは小学校からでもいいかも知れませんね。
今年も40個以上の豆を食べると考えると・・・・・・。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ


にほんブログ村




[Dell]決済後最短翌日出荷!<即納モデル>





関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。