フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 愛煙家のみなさん。ますます肩身が・・・。

くたびれナースマンです。
少しブログから離れていました。
理由は「ネタが思いつかない」。1月下旬情報だけのブログ。
これではいけないということで1週間ばかり、ブログお休み。

リフレッシュできたかどうかわかりませんが、再開しようと思います。

それでは、本日のニュース
いきなりですが愛煙家のみなさん、近年タバコに関しての規制が様々拡大してきおり
肩身の狭い思いをしていませんか?
ナースマンも愛煙家です(医療人のクセにとは言わないで(泣))

そんあ愛煙家のみなさんをますます肩身狭くするこんなニュース

喫煙場面ある映画は成人指定を WHOが勧告

WHO=世界保健機関は、タバコを吸うシーンがある映画などについて「世界の若者たちを喫煙に誘導している」として、各国に対して成人向けに指定するよう勧告しました。
WHOは1日、タバコに関する報告書を発表し、タバコの広告の規制が世界各国で強まる一方で、映画やドラマには規制がないと指摘しています。そのうえで、タバコを吸うシーンがある映画などは「世界の大勢の若者たちを喫煙に誘導している」として、映画などの登場人物に影響を受けて未成年が喫煙を始めるのを防ぐために、各国に対して、喫煙シーンがある映画などを成人向けに指定するよう勧告しています。
WHOによりますと、アメリカでは2014年のハリウッド映画のうち喫煙シーンがある作品が40%余りに上ったほか、喫煙を始めた未成年のうち37%が映画などをきっかけにタバコを吸い始めたという調査結果もあるということです。
日本でも子どもが見るアニメ映画などで喫煙シーンがあり、WHOは、こうした映画などを成人向けに指定するよう各国に勧告することで、未成年の喫煙を抑えたいとしています。

たばこ = 悪 。この図式はこのブログでも何回か書いており、世間一般そういう認識。
今回はたばこ関係も悪という解釈になっていますね。

ただこのような影響、納得できる部分が多々あります。
未成年の喫煙者のうち37%は映画に影響された。自身を振り返ってみると、まさに映画・TVの影響かなと

ジェームス

若い世代にはわからないかもしれませんが、ジェームス・ディーン。有名な俳優でしたね。
小さい頃、映画の内容はちんぷんかんぷんだったのに、このタバコを吸っている姿。
「かっこいい」と思っていました。 

少し大きくなって、影響を受けたのが、
現在映画公開中の「あぶない刑事」
昔は、TV放送で毎週CKをしていました。

あぶない刑事

映画の公式サイトをみました。
昔の懐かしいTV・映画のワンショットを流されているのですが、タバコのシーンがありませんでした。
TVで見ていた時は、結構吸っていた印象しかないのですが・・・。

自身もそうですが、メディアの影響は大きいですよね。
WHOを言われるのもわかるのですが、TV・映画でタバコの必要な場面ってある様な気がするんですよね。
あまり、規制・規制というのも、いいもの(いいTV・いい映画)が無くなって行くのではと・・・・。

WHOの中ではタバコは悪。ここは覆らないですね。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ


にほんブログ村




最大69%OFF!ネット限定セール開催中 ナースリー





[Dell]お得な週替わりパッケージご紹介中!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。