フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 良いピロリ菌?悪いピロリ菌?。両方をお持ちですね。

くたびれナースマンです。

前回、ピロリ菌見直しましたと投稿しましたが、本日もピロリ菌繋がりで

病原たんぱく、血液で全身へ=ピロリ菌、胃がん患者で発見―京大など
ピロリ菌

 胃の粘膜に感染し、胃潰瘍や胃がんを起こすヘリコバクター・ピロリ菌の病原たんぱく質が、血液により全身に運ばれることが分かった。京都大と東京大、神戸大などの研究チームがピロリ菌に感染した胃がん患者の血液を調べて発見し、9日までに英科学誌サイエンティフィック・リポーツに発表した。
 ピロリ菌は心臓や血液、神経などの病気の原因にもなっている可能性が指摘されていたが、その仕組みの一部が解明された。胃・十二指腸潰瘍や胃がんなどの場合、薬による除菌治療が行われているが、ピロリ菌との関係が疑われる他の病気についても除菌が有効かもしれないという。
 細胞はさまざまなたんぱく質やリボ核酸(RNA)などを含む小胞(エクソソーム)を分泌し、他の細胞とやりとりしている。京都大の秋吉一成教授らは、胃がん患者の血清から小胞を回収して分析し、ピロリ菌の病原たんぱく質「CagA」を含む小胞を見つけた。
 ピロリ菌感染との関係が認められる消化器以外の病気は、血液の血小板が減って出血しやすくなる難病「特発性血小板減少性紫斑病」があり、厚生労働省が除菌治療に健康保険を適用している。

再び悪い印象が、それも強く感じました。
勉強不足もあり、ピロリ菌と特発性血小板減少性紫斑病は知りませんでした。
それも除菌が保険適応になっていることも、完全に時代に取り残されています。

胃癌の原因菌で、胃粘膜の採取し検査を行うイメージがあったので、消化管の粘膜に存在するものと思っていましたが、血液の中に入り込むとは、それも重症な血液疾患の原因にも・・・。
解明が進むということは素晴らしい事。それによって有効な治療法の確立にもつながるかも。

しかし、遠い過去の人口動態や大陸移動。またはさらなる病気の解明のkeyになっているピロリ菌。

悪い印象なんですが、その存在は様々な方面で重要性が高まっていますね。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ


にほんブログ村




ショップジャパン





[Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。