フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 処方箋偽造。結構簡単かも!?

くたびれナースマンです。
年末、何かと忙しい時期に看護師自身の事件が・・・。


看護師が処方箋偽造、鎮痛剤など168日分購入
 北海道名寄市立総合病院は24日、患者の処方箋を偽造して睡眠導入剤などを購入したとして、看護師(38)を同日付で懲戒免職処分にしたと発表した。

 病院によると、看護師は6~10月に計6回、病院の電子カルテシステムを操作して、実在する患者の処方箋を偽造。調剤薬局で、睡眠導入剤、潰瘍治療剤、鎮痛剤を計168日分(計約6万円相当)購入した。

 患者の加入する保険機関からの問い合わせで11月に発覚。看護師は、病院の内部調査に処方箋の偽造を認め、「体調が悪い時すぐ使えるように薬を備えておきたかった。薬は転売してない」と説明したという。

そんなに、薬入る?と。
潰瘍治療薬、ガスターで分1でも168錠
鎮痛剤、ロキソニン 頓用 2回/日 で336錠
             分3の常時服用なら、504錠
睡眠導入剤、マイスリー 眠前1錠で、168錠

全部合せ、種類等が解らないですが、800~1000錠になるのではと。

緊急時に置き薬として・・・・。多過ぎます。
富山の置き薬でも、この数量はいかないですよ。常備薬の感覚が欠落しています。

看護師という専門職で薬の知識もあると思います。また緊急時にすぐ対応できると言う安心感、理解はできます。
しかし、病院で処方する薬、市販薬とは違います。
ロクに検査もせずに、自己判断で薬をチョイスするというのは・・・。
問題は病院を処方薬をため込んでいるということもそうなんですが、
処方箋偽造のほうが、大きな問題だと思います。

処方箋の偽造が出来ると言うことは、麻薬や眠剤を安易に入手でき転売できるということです。
今回、転売は行っていないと言うことですが、この点の方が重要だと思います。
犯罪を犯した看護師を処分して終了というわけにいかないです。

病院の電子カルテにおける、ログイン制限や処方入力・処方箋発行の権限など、システム的に予防できる対策が必須ではと考えます。
このことは、電子カルテを導入されているすべての病院にいえると考えます。(すでに対策済みの病院もあるとは思いますが)

病院内での電子カルテ。管理と言う部分では結構ずさんですよ。
ログインしたまま、席を離れる。 複数のPCで同患者カルテを開くなどなど

病院内だけという感覚でリスク管理がなくなるのですかね?
他の職員のIDでのログインなら、わからないですよね。
今回も、外部の問い合わせで発覚なので、内部では全く、把握できないということ!?。

使用する職員のモラルが基本ですが、
システム的な対策と使用する職員への使い方の教育。
何か基本的なことですが、大切な対策。基本部分が出来ていなかったということです。

同じ職種の人間として、恥ずかしいニュース。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村




最大69%OFF!ネット限定セール開催中 ナースリー




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。