フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「介護殺人」。表現が悪過ぎます。

くたびれナースマンです。

これからの高齢化社会。高齢者全体の数から見れば、ごく一部と言われるかも知れませんが、
素通りはできない、この問題。

<介護殺人>加害半数「不眠」 一部うつ状態も 

 介護している自分の家族を殺害した「介護殺人事件」44件を毎日新聞が調べたところ、半数近い20件で加害者が昼夜を問わない過酷な介護生活を強いられていたことが分かった。不眠で心身ともに疲れ果てた末に犯行に及んだとみられる。「事件当時はうつ状態」と診断された例も目立った。介護疲れによる殺人や心中は後を絶たないが、認知症や障害を抱えた家族を介護する人たちの厳しい現実が浮かび上がった。

 毎日新聞は2010~14年の5年間に、首都圏1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)と近畿2府4県(大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良、和歌山)で起きた介護殺人のうち、裁判記録を確認できたり、関係者を取材できたりした44件について、背景や動機を調べた。

 その結果、20件(45%)の加害者は昼間だけではなく真夜中も介護したり、思い悩んだりして、深刻な寝不足に陥っていた。認知症や痛みを伴う病気の患者は睡眠障害や妄想から、眠らずに介助を求め、大声を出すことも少なくないとされる。20件の加害者もこうした家族を介護しており、不眠が続いて追い詰められていたことがうかがえる。

 20件以外の加害者が不眠に悩んでいたかどうかは分からなかった。ただ、44件のうち35件(80%)について、裁判所が介護疲れを事件の主な要因と認定しており、不眠に悩んでいた加害者の割合は実際はもっと高いとみられる。他9件は貧困による将来の悲観などが背景にあったとされた。

 「不眠」の20件のうち8件の加害者は事件後の精神鑑定で「昼夜を問わない介護などで、事件当時うつ状態や適応障害だった」と診断された。不眠が続いた影響で精神的に不安定になった可能性がある。

 他の事件の多くは精神鑑定がされていなかったとみられる。

病院が退院調整するにあたり、大きなキーワードになる家族の支援。
その支援をされる家族が追い詰められていく現状。
今後、このような事件件数は増加していくと考えられます。

このような介護の現状を国は考えているのかという疑問が・・・。
来年度の診療報酬改定が近づき、国の政策が見えてきています。
今最大の論点は、膨大な医療費の削減。
これは、地域包括ケアシステムの構築という名の元、病院ではなく介護保険や地域での関わりで高齢者を守って行こうという取り組み。
地域包括

住み慣れた自宅及び地域みんなでというコンセプトですが、この住まいで事件が起きています。
また政策の一環で、病院での長期入院減算と在宅復帰率の設定により、より一層自宅に帰そうという誘導が。
在宅復帰率
病院から病院の転院ではなく、患者を自宅(若しくは自宅に準ずる施設)に退院してもらう。
このことにより、医療が介護に移行したり、入院費が抑制される・・・・?
代表的な病院の在宅復帰率

一般病棟入院基本料 7対1  ⇒ 在宅復帰率 75%以上
特定機能病院基本料 7対1  ⇒ 在宅復帰率 75%以上
専門病院入院基本料 7対1  ⇒ 在宅復帰率 75%以上
回復期リハビリ病棟 1  ⇒ 在宅復帰率 70%以上
回復期リハビリ病棟 2  ⇒ 在宅復帰率 60%以上
地域包括ケア病棟 1・2 ⇒ 在宅復帰率 70%以上  など

自宅に退院。本来の形だとは思うのですが、家族が疲弊しレスパイト入院。
まだレスパイトで逃げれるなら・・・。 逃げ道もなく結果介護殺人。

地域全体が支える高齢化社会。耳触りはとてもきれいで理想とするものだと思いますが、
一部で、理想と相反することが発生しているという事実にも、向き合わなくてはいけないと感じました。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ


にほんブログ村




最大69%OFF!ネット限定セール開催中 ナースリー





1粒あたりプラセンタ原末137.5mg配合のエターナルプラセンタカプセル


関連記事
スポンサーサイト

コメント

いつもブログ読ませて貰ってます。
私は27歳、看護師をしています。
そんな私も70代後半の父親の介護をしており、今回の介護殺人自分も人事ではないと思いました。
私の父も認知症と一昨年診断されました。今年9月から昼夜逆転し、日中は寝てますが、夜中起き出し、自分の家かどうかわからなくなるみたいで、「自分の家に帰るから車出してくれ。」といい、私が今いるのがあなたの家だと伝えると、バカにされたと父は私に怒りだし、お互いに喧嘩の絶えない生活。1度だけ朝方の早くにお店にいき、もちろん5時にやってるわけなく、帰宅しようとしたが本人急に帰り方わからなくなり警察にお世話にもなりました。


そんな中私も当然夜父が心配なあまり睡眠が浅くなり、ひどい時は寝不足で日勤にいくこともありました。仕事でも患者の看護で気が休まらない、自宅でも介護で眠れない、、、仕事を休むことがおおくなりました。11月には家がいやになり家出したことも。1週間仕事を休んでしまいました。看護師長さんに、泣きながら夜眠れないや、介護に疲れたこと全てうちあけました。私自信メンタルクリニックに行きました。適応障害、軽いうつと診断。メンタルクリニックの先生が、父を内服コントロール&夜間眠れるようにするため入院させてくれました。


今回ので私が思ったのは、今の日本は日中介護サービスは充実しているが夜間帯はサービスが少ないこと!!
また職場の人達の理解も必要だと感じました。実際にうちの職場は、看護師長さんがプライバシーとかで体調不良で休んでるとしかつたえなかったために、周りのスタッフから「こんな忙しいのに頻回に休んで!」「体調不良って言ってるけど、みためなんともないじゃん」と反感をかってたようで、実際に「こないだ休んだ時、あなたのチーム忙しくて、チームの人達かわいそうだった。休まれると困る」と言われました。これ精神的にうつ、適応障害になってる私にしたら大ダメージで、死にたいと思ってました。本当に職場の理解大事です。
育児の協力はいまやしてくれる所多いですが、介護に対してはあまり協力体制がなってない職場多いと感じました。


簡単に施設に入れたら?と第3者はいいますが、介護度で要介護3以上ないと入るのが限られますし、認知症があまり重く暴れたりする場合は、きちんと内服コントロールしないと入れません。まして施設に入れるにもお金がかかります。周りが施設に入れれば??簡単じゃんと言われるのも辛かったです。

私もいつ事件になってもおかしくなかったんだと思います。
ゆきさん。
コメントありがとうございます。
ゆきさんの近況に関しては、大変だと思います。
ナースマンも、最近高齢者虐待の対応など、記事を記載しながら
今の高齢化社会の問題をヒシヒシと感じております。
MSWと話していると、おっしゃるように簡単に
施設方向で退院調整をと言ってしまう時があります。
しかし、実際はそうそう簡単に入所できないんですよね。
サービス付きやグループホームなど多様化していますが、
まだまだ問題は山積だと思っています。
病院でできることは考え、今レスパイトの在り方を模索しています。
実体験と表現するとプラス傾向ですが、何かお気づきなことがあれば
問題提起してください。
その情報を発信し、自身も勉強していきたいと思います。
ありきたりの言葉で申し訳ありませんが、頑張ってください。
ただし、頑張りすぎはだめです。ケアマネなど支援してもらえる方を
作りましょう。
そーですね。私も結構自分の家庭の事を、実体験を本にしようかと思っているくらいです(‥;) 本当に育児への協力体制は今だいぶ理解してくれる方増えましたが、介護も同じように協力してくれる職場づくりは大切だと思います。

本当に

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。