フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 不正のトライアングル。初めて知りました。

くたびれナースマンです。

前回の予告から、「不正のトライアングル」に関して
組織事故というのは、色々なものが発達しても無くならない。
無くならない要因はヒューマンファクターの関与というところは理解していたのですが、
その側面を心理学から。

不正のトライアングルとは

企業等組織内での不正を分析する考え方に、「不正のトライアングル」理論があります。米国の犯罪社会学者ドナルド・R・クレッシーが確立した理論ですが、不正は①不正を許す機会、②不正をしようとする動機、③不正の実行を是認しようとする正当化行為といった要素が揃った時に起こると考えられています。

トライアングル


不正行為とは
不正行為の代表例として横領と呼ばれるものがあります。
特に、取引先に請求書を偽造させる等して、外部の者と共謀して行われる横領は発見が困難で、被害金額も大きくなります。
また、近年では、個人情報の漏えいが大きな問題となっていますし、不正行為にはこれら以外にも
様々なものがあります。
備品等の窃盗
架空の出張
通勤手当のごまかし
虚偽の欠勤
虚偽報告
ミスの隠蔽 等
中小企業では、不正行為に対する認識が不足していたり、不正行為を未然に防止する仕組みや早期発見をする仕組みが整っていない所が多いようです。
一回、不正行為が起きると...
横領の多くは、ちょっとした出来心で会社のお金に手を付けることから始まります。しかし、不正を発見する仕組みが整っていないと、不正を直ぐに見付けることができません。
そして、不正が発覚しないことが分かると、不正行為を繰り返し、会社の被害金額がどんどん膨らんでいきます。

不正のトライアングル
不正は、次の3つの条件が揃ったときに起きるという「不正のトライアングル」という説があります。
不正を行う「動機・プレッシャー」がある
不正を行うことができる「機会」がある
不正を行っても自分を「正当化」できる


横領のケースに適用すると、
金銭的な問題を抱えていて、
横領をしても見付からないと認識していて、
自分には横領しても許される理由がある
場合に発生します。


動機・プレッシャーの一例
他人には言えない金銭的な問題を抱えている
自分では達成できない(と思われる)高い目標を課せられている
仕事でミスをしてしまい、上司に報告することができない
不正を犯すことで利益を得られる
社員に目標の達成を強く求め過ぎるとプレッシャーになり、不正が行われる可能性が高まります。


機会の一例
不正を行っても見付からないと認識している
発注者と検収者が同じ等、1人で業務を担当し、第三者のチェックが入らない
チェック機能の盲点を良く知っている
中小企業では社員数が限られていますので、1人でいくつもの業務を担当し、また、長年勤務している社員を過度に信頼して任せ切っているケースがよくあります。
第三者のチェックが入らないと、不正が行われる可能性が高くなってしまいます。


正当化の一例
自分は正当な評価をされていないと思っている
サービス残業を強いられている
一時的に借りるだけで、後で返そうと思っている
不正を行っても品質等の問題はないと思っている
他の社員も同じようなことをしている
会社のために、これ以外の方法はないと思っている
職場でいじめを受けている
経営者が会社のお金を公私混同している

会社に対する不満から、「これぐらいのことは構わない」と考えて自分を正当化するもので、会社の組織風土や法令順守の状況に左右されます。

理科出来た様な、できなかったのような。
その会社が悪いんだという印象を持ちがちですが、個人的な所から始まるのが多いのかなと。
ただ、その不正行為を是正するかどうかが組織事故に発展するかしないを左右しますね。
つまり、会社自体の倫理観と言う所ですかね。
あってはならない事故です。再度自分の倫理観を見直そうと思います。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ


にほんブログ村




最大69%OFF!ネット限定セール開催中 ナースリー





【フォリフォリジャパン】Sweet掲載宮田聡子さん着用アイテム、公式サイト続々入荷中!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。