フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ピロリ菌検査&除菌。早い方がいいですよ。

くたびれナースマンです。

ひとつ前の投稿で予防医学と銘打って、記事を。
今回も予防医学のひとつですかね。

ピロリ菌、胃がん原因の8割 検査・除菌の機会が拡大

ピロリ菌


 胃がんの原因の8割を占めるといわれるピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)の感染。平成25年に胃潰瘍などの病気がなくても除菌治療が保険適用となったことで、検査や除菌を受ける人が増えている。胃がんによる住民の死亡を減らそうと、検査と除菌を独自に導入する自治体も出てきている。

 ◆内視鏡が「推奨」に

ピロリ菌に感染すると慢性的な胃炎を起こし、その後に胃潰瘍などを発症し胃粘膜の縮小が進むと、胃がんになるリスクが高まるとされる。こうした事実から、世界保健機関(WHO)の専門組織「国際がん研究機関」は2014年、「胃がんの8割がピロリ菌の感染が原因で、胃がん対策はピロリ菌除菌を中心にすべき」とする報告書をまとめている。

 ただ、日本の胃がん対策は、胃のエックス線検査による胃がん検診が推奨されるだけで、ピロリ菌の検査は入っていない。厚生労働省が9月に公表した「がん検診のあり方に関する検討会中間報告書」では、胃がん対策として新たに胃の内視鏡検査が推奨に加わったものの、ピロリ菌検査は「死亡率減少効果のエビデンス(科学的根拠)が十分ではない」として見送られた

◆中高生も対象

 一方で、独自にピロリ菌検査を導入する自治体は増えている。厚労省によると全国で6%に上る。

 岡山県真庭市は平成23年度から40歳以上を対象に導入。胃がん検診を受ける人にまずピロリ菌の抗体検査を受けてもらい、陽性者に対して内視鏡検査を勧めている。25年度からは中学2、3年生も対象とした。

 同市健康推進課は「除菌による胃がんの発生予防効果などから導入した。同時に保護者への啓発活動を行えば、市全体で胃がんとなる人を減らせるかもしれない」と期待を寄せる。

 北海道でも北海道大の協力を受け、稚内市や美幌町で中学生や高校生を対象に検査と除菌を行っている。

まずピロリ菌が胃がんの原因というのは、周知されてきていますね。
内視鏡検査の業務を担っていたとき、年々ピロリ検査の件数が増加していたのを思い出します。

ピロリ菌の感染は、上下水道が十分整備されていない時代に経口からの感染で広がったと勉強した記憶があります。
現状ですと、50歳代以上の方の感染率が高いと思っていましたが、若年層でも居られるのですね。
年代別のピロリ感染率(少し古いデータですが)

ピロリ感染率

高齢者に多いという傾向は変わっていません。
余談ですが、アウトドア好きの方はピロリ感染率が高い(上下水あまり整備されていない環境にいくので)という勝手な仮説を立てたことがあります。誰か検証してくれないですかね・・・・。

胃癌発症を予防すると言う意味で、除菌する機会が増えるのはいい事ですね。
それを早い段階から導入するというのも賛成です。ただ自治体が独自に動いていることなので、全国でというものではありません。
この点は国の主導で取り組んで欲しいところですね。

内視鏡でのピロリ検査。推奨はされていないと言うことですが、ピロリ感染の診断に必要不可欠の検査なので早急にガイドラインに入れてほしいですね。

若年層からの早期の取り組みが、将来医療費を圧迫する疾患の予防(抑制)に繋がる。
病気にならない ⇒ 医療費がかからない。 ⇒病院に行かないので医療事故に遭わない(ここは飛躍していますが)
健康が一番ということですかね。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ


にほんブログ村




最大69%OFF!ネット限定セール開催中 ナースリー





登録はこちら≪MC─ナースネット≫

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。