フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 予防医学とライザップは共通!?

くたびれナースマンです。

予防医学、昨今の医療費の増加に加え、超高齢化社会が迫っている日本。
ここ数年予防医学と言う観点が熱気を帯びていますね。

糖尿病予備軍に電話で定期的助言…発症4割抑制

 糖尿病になる危険性が高い「予備軍」の人に電話で予防のアドバイスを続けることで、発症率が4割下がったとする研究成果を、国立病院機構京都医療センター(京都市)などのチームがまとめ、英医学誌に発表した。

 チームは「適切で親身なアドバイスが、予防への意欲を高めた」と分析。糖尿病の総医療費が年1兆円を超える中、「自治体などは電話での予防支援を活用すべきだ」としている。

 糖尿病予備軍は、血糖値が高かったり、肥満だったりする人で、全国に1100万人いるとされる。

 同センターのチームは、2007年度から全国にいる予備軍約2600人を対象に、保健師らから定期的に電話で予防のアドバイスを受けるグループと、自主的に運動などをするグループに分けて約5年間追跡した。保健師らは最初の1年間、電話を1回15~20分間かけ、減量が順調でなければ励ましたり、長続きする運動法を一緒に考えたりした。「野菜を1日350グラム以上食べる」など数値を示して食生活の改善も勧めた。

糖尿病は生活習慣病の代表格
糖尿病そのものも、慢性疾患と罹患される方が多いということで医療費を圧迫していると言われる疾患。
また糖尿病は進行で透析や下腿の壊疽で切断など、1人の糖尿病患者にかかる医療費も高額です。

それを病気の発症を抑制 ⇒ 予防  して必要になる医療費を削減しようと。
診療報酬上では、糖尿病合併症管理料や糖尿病透析予防管理料で点数(お金)をつけ、予防に取組もうとしています。
しかし、この診療報酬。すでに糖尿病に罹患している方が対象。それでは遅いんですよね。

糖尿病になる前にという取り組み。病気にならない・病院に行く必要がない。メリットは多々あります。

昔、特定検診(いわゆるメタボ検診)が流行りました。→今も国の政策として取り組まれていますが・・・。
その時にメタボの人には「積極的支援」を行い、予備軍には「動機づけ支援」を行っていこうという方策。

ナースマン古い人間なので、この特定検診を思い出しましたね。

人間って、一人では意思が弱いというのが浮き彫りになりましたね。
国は、医療費削減として大喜びでしょうね。しかし病院は、この電話対応に関して診療報酬がないのでお金にはならない。
医療とお金を天秤にかけるなと言われそうですが、電話対応にも人件費など発生しますので・・・・。
この点が解決しなければ、普及という部分は難しいですかね。

国の考え方は、このような予防医学や検診で保険を使わず対応してほしいと考えています。
保険を使わないと言うことは国が支出する財源は使わないと言うことですから、医療費削減に繋がるという考え。
会社の検診や人間ドック推奨が、今後さらに進んで行くのではと思います。

余談です。アドバイスで効果が出ると言うのは、今流行りの「ライザップ」見たいですね。
ライザップもダイエット。毎日の食事をメールしアドバイスを貰う。
運動に関しても、褒めるを基本にアドバイス!。

人間は一人では生きていけないと言うことですかね。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ


にほんブログ村




転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】





【フォリフォリジャパン】Sweet掲載宮田聡子さん着用アイテム、公式サイト続々入荷中!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。