フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お肉大好きナースマン。リスクは承知です。

くたびれナースマンです。

WHOの発表が物議を・・・・。

毎日ハム2枚 がん発症率18%UP WHO報告に食肉業界猛反発

 世界保健機関(WHO)の国際がん研究機関(IARC)が、ハムやソーセージ、ベーコンといった加工肉に高い発がん性が認められ、大腸がんを発症するリスクがあるとの調査報告を発表し衝撃が広がっている。5段階ある発がん性の評価で、たばこやアスベストと同じ最高レベルに分類。ハムやベーコン2、3枚分の50グラムを毎日食べ続けると、発症率が18%高まるとしている。ステーキなどの赤身の肉にも発がん性があると指摘した。これに対し、大量消費国である米国の食肉業界団体は「信憑(しんぴょう)性に欠ける」と猛反発。肉をこよなく愛する消費者は「何を食べればいいんだ」と悲嘆にくれている。

ソーセージ

 ■たばこと同じ危険レベル

 この調査報告は26日、がんに関する専門医学誌「ランセット・オンコロジー」の電子版に掲載された。欧米メディアの報道によると、IARCの研究者が、世界中で発表された約800件の研究論文を精査した結果、「加工肉の摂取が大腸がんを引き起こすことを示す十分な証拠が得られた」という。

 肉を塩漬けや発酵、薫製などで加工した幅広い食品が対象に含まれ、コンビーフやビーフジャーキーも該当する。IARCは発がん性を5段階で評価しており、加工肉を最高レベルの「グループ1」に分類した。たばこやアスベストのほか、ディーゼル車の排ガスやホルムアルデヒドといった発がん性物質と同じレベルだ。報告書は「摂取量の増加に伴って発症リスクは高まる」とし、摂取量を抑制する必要があると結論付けた。
■メカニズムは「不明」

 赤身肉についても、「大腸がんのほか、膵臓(すいぞう)がんや前立腺がんとの因果関係を示す証拠がある」と指摘。評価レベルで2番目に高い「グループ2A」に分類し、1週間に500グラム以上食べないよう警告している。

 ただ、加工肉の摂取によって発がん性が高まるメカニズムについては解明されていないとし、「加工や調理の過程で生成される化学物質が影響している可能性がある」との指摘にとどまっている。加工肉の安全な摂取量も示していない。

 また最高レベルに分類しながら、加工肉の過剰摂取が原因のがんの死亡者は世界で年約3万4000人で、喫煙を原因とするがんの死亡者の100万人、アルコール摂取の60万人、大気汚染の20万人に比べると「かなり少ない」とのデータも示した。

ハム・ソーセージが食べれない?(泣)

食べれないわけではないですが、摂取量を考えなくてはいけない?。

現代の食生活で、肉の加工食を除外・または抑制というのは想像できないですね。

朝のニュースでドイツ人は起こっていましたが・・。

肉が主体の食生活 ⇒ 食の欧米化で日本でも大腸がんが増えているというのは以前から言われていましたが、加工食品でそれも摂取量まで発表されるとは。
ただ、記事内にありますように、タバコ・アルコール・大気汚染での死亡数と比べると格段に少ないです。

メカニズムが解明されていない状況での発表。少し勇み足ではとは思います。

韓国で有名な焼肉ストリートも発表後、客足が遠のいたと嘆いておられました。
事実かも知れませんが、権威ある組織。それも病気関連では絶対的な影響力がありますので発表される内容に関しては十分吟味し、タイミングを考え発表してほしいですね。

ナースマン、お肉大好きです。 リスクがあっても食生活は変えないでしょうね(笑)
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ


にほんブログ村




最大69%OFF!ネット限定セール開催中 ナースリー





関連記事
スポンサーサイト

コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 11月 03 2015
    • 2015/11/03(火) 20:31:25
    • [ 編集 ]
    • URL
    • さぬきんぐ-
同じく食生活は変えません!
私も子どももお肉大好きです(^o^)
食肉業界は痛手ですね。束の間のような気もします。
さぬきんぐさん。コメントありがとうございます。

結局時間が過ぎれば、リスクも忘れ食べ続けているのでしょうね。

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。