フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • みなさん。献血をお願いします。

くたびれナースマンです。

医療ニュースなんですが、ナースマンからのお願いも込めて

若者の献血率低下…血液製剤確保に不安

献血


 10、20歳代の献血率が、厚生労働省が策定した2014年度時点の数値目標を下回ったことが分かった。
 若年層の減少傾向に歯止めがかからず、今後の需要増が見込まれる輸血用血液製剤の確保に不安を残す結果となった。
 若年層の献血を推進するため、厚労省は10年度、献血率を14年度に10代(献血可能な16~19歳)6・4%、20代8・4%とする数値目標を設定した。しかし実際は、10代5・7%、20代6・7%にとどまり、09年度実績の10代6・0%、20代7・8%も下回った。

 これまでの実績などを踏まえた日本赤十字社の試算によると、輸血を必要とする人がピークを迎える27年度には、約89万人分の献血が不足する。
若い時に献血をした人はリピーター率が高いとされ、若年層対策は今後の輸血の需要増に備える狙いもある。厚労省血液対策課は「高校生が安心して献血ができる環境づくりや、企業・団体献血で20、30代への働きかけを強めていきたい」としている。

血液が足りないという情報はよく耳にしていました。
献血する人が全体的に減って、不足の要因になっていると思っていましたが若年層の献血率にびっくりです。
ナースマン、医療関係の仕事であるということ、病院に2回/年献血車がくるので、最低2回/年は献血しております。

そこでは若い職員もたくさん、献血をしているのでこの数字は本当にびっくりです。
若年層に関しては大きな病気にあたる率が低く、輸血という医療行為に無縁なのが要因?

病院では、貧血(消化管出血・骨髄抑制)。手術への対応など。
表現は少ないですが、使用頻度はかなり高いのが輸血。それが足りなくなるのは病院にとって大きな問題です。

献血のリピート率は結構高いと聞いたことがあります。
しかし、1度献血すると3ヵ月(12週)は空けなくてはいけません。つまり4回/年。
4回する献血マニアの方って一握り。大抵の方が1~2回だと思います。 不足分は補えないです。
少しでも補うために、新規の方が必要です。
1回/年で結構です。献血を行いましょう。

現状では、痛いだけメリットが解らないと思います。しかし将来病気を患い輸血が必要になったとき。
輸血が足りなくて治療が受けれない。その時どう思うのでしょうか?

将来の自分の為に保険をかける(上手く表現できていませんが)と言う意味でも、献血率を上げるためにみなさんで協力し頑張りましょう。
ナースマンのお願いでした。


看護師 ブログランキングへ


にほんブログ村




最大69%OFF!ネット限定セール開催中 ナースリー





【短期】月収45万円以上確実な看護師転職サイト

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。