フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 飲酒と喫煙は悪ですか。ダブルだと相乗?

くたびれナースマンです。

本日は個人的に身の毛もよだつこんなニュースを

喫煙・飲酒を好むがん患者、別のがんの発症リスク5倍

たばこを吸う

 喫煙し、酒好きのがん患者が10年以内にたばこに関係する別のがんを発症するリスクは、喫煙も飲酒もしないがん患者より5倍高いとの論文を、大阪府立成人病センターなどのチームがまとめた。
 論文が国際的ながん専門誌の電子版に掲載された。
 喫煙や飲酒は様々ながんの原因になるが、一度がんになった後に別のがんを発症させる危険性も高めることを示した。同センターの田淵貴大医師(公衆衛生学)は「何度もがんで苦しみたくなければたばこは厳禁。酒はやめるか控えめに」と呼びかけている。
 田淵医師らは、1985~2007年に同センターでがんと診断され、10年以内に転移や再発ではない別のがんを発症した1904人を分析。
 まず、肺や食道、口腔、膵臓などのたばこ関連のがんを発症した1163人について、最初のがんが診断された時の喫煙や飲酒の習慣との関連を調べた。
 その結果、発症リスクは、喫煙も飲酒もしない場合より、たばこを1日20本以上吸うと1・8倍、酒を1日2合以上飲むと2・4倍高くなった。両方がそろうと5倍に跳ね上がった。
 1日20本未満の喫煙でも1・5倍高かったが、飲酒量が2合未満では発症リスクは上がらなかった。
 多く飲酒した場合のリスクが高いのは、たばこ関連のがんは飲酒が原因となるがんと共通するものが多く、飲み屋などで他人のたばこの煙を吸う機会が増えることも考えられるという。
 また、たばこ関連以外を含む全てのがんの発症リスクは、たばこを1日20本以上、酒を1日2合以上の場合に3倍以上高かった。
 田淵医師によると、たばこ関連のがんは全てのがんの約半数を占め、治りにくいがんが多い。田淵医師は「がんになった後でも、喫煙や飲酒をやめれば、別のがんの発症リスクを下げられるだろう」と話している。

なぜ身の毛がよだつかといううと、ナースマン医療従事者のクセして、煙草もお酒も嗜みます。
患者さんには、「禁煙」「禁酒」を指導したことがあるクセに・・・・(泣)

飲酒に関しては、適量でしたらメリットもあり絶対的に禁酒とは言えないところですが、煙草に関しては身体的影響から「悪」という位置付けになっていますね。

法案は見送られましたが、飲酒・喫煙を18才からという論議もあったのに、真っ向から否定する研究結果。
ナースマンも考えなくてはいけないかも、と言いながら病気になって切羽詰まって初めて考えるのでしょうね。

自身の努力でリスクを低減できることがあるなら、努力したいですが「喫煙は病気=ニコチン依存」治療には時間がかかるかも・・。
本日のニュースは患者さんとの雑談のネタとして覚えておきます。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村




看護師の転職サポート≪登録無料≫マイナビ看護師





【フォリフォリジャパン】待望のSwiss Made Watch Collections絶賛発売中


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。