フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 睡眠不足。万病の素ですかね。

くたびれナースマンです。

医療ニュースの分類に入るとは思うのですが。
以前投稿しました「ランニング」続けております。健康管理含め気候も良くなってきたので。
そんな体調管理に関連したこんなニュース。

睡眠不足の人ほど風邪にかかりやすい、米研究

寝不足


睡眠不足の人が風邪を引く確率は、十分に休息をとった人より4倍高いとの研究結果が8月31日、発表された。


 米学術誌「スリープ(Sleep)」に発表された研究結果は、睡眠習慣を追跡調査したボランティア被験者164人を対象とした、自発的に風邪ウイルスにさらされる実験に基づくものだ。

 研究チームはまず、ストレス、気質、アルコールや喫煙の習慣などの因子を把握するため、被験者に健康診断を受けさせ、質問票に回答させた。

 被験者の習慣的な睡眠時間は、実験開始前の1週間で測定した。実験では、米ペンシルベニア(Pennsylvania)州ピッツバーグ(Pittsburgh)にあるホテルに被験者を滞在させた。

 研究チームは、ホテルに隔離した時点で被験者に風邪ウイルスを点鼻剤で投与し、ウイルスが定着したかどうかを確認するために粘液サンプルを毎日採して、1週間にわたり観察した

■5時間睡眠、風邪のかかりやすさ4.5倍

 その結果、実験開始までの1週間で、1晩の睡眠時間が6時間未満だった人は、7時間を越える睡眠を取っていた人に比べて、風邪にかかる確率が4.2倍高いことが判明した。睡眠時間その結果、実験開始までの1週間で、1晩の睡眠時間が6時間未満だった人は、7時間を越える睡眠を取っていた人に比べて、風邪にかかる確率が4.2倍高いことが判明した。睡眠時間が5時間未満の人は、風邪にかかる確率が4.5倍高かった。

 論文主執筆者の米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(University of California, San Francisco)のアリック・プレイザー(Aric Prather)助教(精神医学)は「短い睡眠は、被験者が風邪にかかる確率を予測する場合に、他のどの因子よりも重要だった」と話す。

「被験者の年齢、ストレスレベル、人種、教育、所得などとの関係性は認められなかった。喫煙者かどうかも関係なかった。これらの因子すべてを考慮しても、やはり睡眠が最も統計的に重要だった」

 睡眠不足は、慢性疾患、早死に、病気のかかりやすさ、自動車事故、産業災害、医療ミスなどと関連性があることが、これまでの研究で指摘されていた。

睡眠不足。経験上から身体に良くないとは解っていましたが、科学的根拠という点では乏しかった睡眠不足。

美容に大敵。免疫力の低下。医療の世界では夜勤がありますので注意力や集中力の低下を招き医療事故に。
根拠ではなく経験則で言われており、大部分の人が経験則で納得していた事柄。

今回、風邪という項目ピンポイントですが根拠付けされ、ますます睡眠の重要性が増しますね。

それならBestな睡眠時間は?という議論になるのですが。7時間?8時間?
睡眠時間に関しては人それぞれで、Bestな時間は解らないという研究もありましたね。

ナースマン。若い時は寝れるだけ寝ていました。夜勤もあったので生活リズムはバラバラ。10時間寝たと思えば、夜勤明けでそのまま遊んで、30時間ぐらい起きっぱなしなど、今考えると若さだけで無茶していたなと思います。
歳を重ねると早寝早起き。40歳過ぎたぐらいから著明に早寝早起きです。子供たちからは「おじいちゃんか?!」とつっ込まれるほど。睡眠時間も6~7時間は確保していますね。最近風邪をひかず過ごせているのは、この睡眠時間のおかげですかね?

ランニング・睡眠時間。40歳を過ぎますと何かと健康という観点に興味が湧いてしまうナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村




最大69%OFF!ネット限定セール開催中 ナースリー





【フォリフォリジャパン】めざましテレビご紹介カラフルウォッチThe Candy Collection完売寸前!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。