フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 過剰処方 薬強要。対応怖いですよ。

くたびれナースマンです。

以前残薬の問題を投稿しました。次期診療報酬改定の中でも、何か対策がとられるみたいですが。
残薬ではないのですが、精神薬の処方実態の問題が表出というニュース

依存性のある睡眠・抗不安薬「ベンゾ系薬剤」、過剰処方が2割

 精神科などを受診する外来患者の約2割が、睡眠薬や抗不安薬に広く使われている「ベンゾジアゼピン(ベンゾ)系」の薬剤の処方量が過剰であるとする調査結果を、医療経済研究機構がまとめた。
 依存性があるベンゾ系薬剤は、使い続けるとやめにくくなる危険があり、厚生労働省は診療報酬で睡眠薬や抗不安薬の多剤処方を制限している。
 大手調剤薬局のデータベースを使い、2011年4月~昨年11月に精神科と心療内科から発行された、延べ110万人分の処方箋を分析した。その結果、標準的なベンゾ系薬剤(ジアゼパム)換算で1日当たりの最大用量を超えていた割合は19・1%だった。内訳は2倍以内が13・3%、2倍超から3倍は3・7%、3倍超は2・1%だった。
 日本は先進国の中でベンゾ系睡眠薬の使用量が極めて多いことが知られている。厚労省は昨年度の診療報酬改定で、睡眠薬や抗不安薬を一度に3種類以上処方した場合、原則的に診療報酬の一部を請求できない仕組みを導入した。だが、今回の調査ではベンゾ系薬剤の処方量は導入前と比べてあまり変わっていなかった。
 調査結果をまとめた同機構の奥村泰之主任研究員は「規制を導入しても全体の処方量を減らすことにはつながっていない。薬をやめにくくなる場合があることを念頭に置き、過剰な処方が行われないようにする対策が必要だ」としている。

過剰処方なので、処方をする病院と薬歴管理する薬局、両方に問題がありますね。
薬局の方は、以前ニュースにもなったように薬歴管理が実際にはされていなかったということもあり、抜け穴にですよね。
この薬歴管理には次期診療報酬改定で大ナタが・・・。
続いて、処方の根本である病院ですが、紙カルテでも電子カルテでも処方内容は把握できるはずです。
処方薬・量・処方日数すべてが記載されています。
その中でも過剰投与が発生すると言うのは、依存性が高い精神薬なので、患者から強要されるということですかね。
この強要。なかなか難儀です。
処方を断ると、結構トラブルになります。依存になっている患者は薬を入手するため必死ですから。
そのようなトラブルを経験すると、安易に処方をしてしまうという実態が・・・
また患者側も、人手が少ない夜間や、病院をはしごする輩も実際にはいます。

診療報酬で規制をかけたといいますが、実際に対応する医療スタッフへの対応は・・・。
病院によっては事務方や警備の方がというところもありますが、患者で来院して診察室にとなると病院自身では
なかなか規制はかけれないです。
過剰な処方をしないようにと言われていますが、薬が欲しくて切羽詰まっている患者を対応する医療スタッフへのバックアップを根本的に考えなければ過剰処方は無くならないと思います。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村




看護師の転職ならジョブデポ看護師【最大40万円のお祝い金】




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。