フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 長時間労働。生活の為避けれないです(泣)

くたびれナースマンです。

看護師の業務とは全人的に人を助ける(援助する)。平たく言えば奉仕の心を持ってと言うことなのかなと考えていますが
他人への奉仕→素晴らしい事だとは思いますが、少し自分の身体も・・・と思うようなニュース。

長時間労働で脳卒中のリスク33%増加、研究

男性疲労

週の労働時間が55時間以上の人は、35~40時間の人に比べて脳卒中のリスクが33%高まる可能性があるとの研究論文が20日、英医学誌ランセット(Lancet)に発表された。

 英ユニバーシティー・カレッジ・ロンドン(University College London、UCL)のミカ・キビマキ(Mika Kivimaki)教授(伝染病学)らの研究チームは、計52万8908人の男女を平均7.2年間追跡調査した17件の研究論文の分析を基に研究を実施。喫煙やアルコール摂取、身体活動レベルなどを考慮しても、脳卒中のリスクは高いままだった。

 論文では、週の労働時間が標準的な人々と比較した場合の脳卒中のリスクについて、週41~48時間労働で10%増、週49~54時間で27%の大幅増、さらに週55時間以上では33%増加したことが明らかになっている。

 また、欧州や米国、オーストラリアの男女計60万3838人を平均8.5年間追跡調査した25件の研究から得たデータを分析した結果、週の労働時間が長いと、年齢や性別、社会経済的地位などのリスク要因を考慮しても、冠動脈性心疾患を発症するリスクが13%増加することが明らかになった

脳卒中や冠動脈疾患。ストレスでのリスク。あとは喫煙・食生活は看護学校時代学んだような記憶があり、患者指導もそのあたりを中心に行っていました。
労働時間の長さというのは、具体的な数字が示され少し怖い感じもしますが。
また労働時間が長い(休みがとれない)というはストレスにも大きく関与しますので、そのあたりも複雑に絡み合っているかも。
この論文にある55時間以上ですが、1日8時間労働で残業がなければ6.88日。1週間休みなしで働き続けるという計算ですが、実際残業(サービス残業も)存在しますから。

過去に記載した看護師の残業時間でも、
時間外 後

各勤務体で1時間以上残業している割合は結構あります。
2交替勤務の一例で
夜勤→非番→OFF→日勤→日勤→OFF→夜勤。これで1週間。時間にすれば42時間になります。
各勤務で1時間残業したと仮定すると、47時間。かなり55時間に近づきますね。

患者の急変や、急性期で突発的な入院が発生したとなれば1時間の残業では済まないので、ますます55時間に・・・。

若い時は体力もあり、少々の超過も苦とせず、手術室や内視鏡にもいたので夜中の呼び出しにも対応。
良く考えたら55時間超過している勤務を十数年対応していたのではと思います。

今は現場を離れていますので、55時間はないと思います。
時間の方は解決したような気がしますが、上層部からの過剰なストレスに耐えながら仕事をしているので
リスクファクターから逃げれないなと日々感じております。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村




最大69%OFF!ネット限定セール開催中 ナースリー



関連記事
スポンサーサイト

コメント

  • 08月 24 2015
    • 2015/08/24(月) 18:45:02
    • [ 編集 ]
    • URL
    • さぬきんぐ-
出世するほど、精神的なストレスは増えていくのでしょうか。
今の私は、病院勤務の時に比べると身体的な疲労の方が大きいように思います。やりがいで保っている感じです。
相互リンクの件、了解しました。私自身、システムがよく分からない所があるので勉強して進めたいと思います。
声を掛けて下さりありがとうございました(^o^)

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。