フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 生活習慣病。もう小学生から予防です。

くたびれナースマンです。

様々な病気において若年化が進行している昨今。
そんな若年化をますます感じさせるこんなニュース。

小4の1割、おじさん化?…肝機能・脂質に異常

小学ふけ


 小学4年生を対象に、香川県が昨年行った血液検査で、肝機能、脂質、血糖値の異常値を示した子どもの割合が、それぞれ1割に上ることが分かった。
 食生活や運動不足の影響が大きいとみられ、研究者は全国調査を求めている。
 調査は同県の17市町のうち、小学4年生の採血を行う16市町が対象。保護者が同意した8264人(全体の約96%)について、肝機能、脂質、血糖の検査値を集計した。肝機能は、肝臓の負担が増すと数値が上がるALTなど3項目を調べた。このうち一つでも異常値を示した割合は男子12・4%、女子9・5%だった。
 総コレステロールや、中性脂肪などの脂質が異常値となった子どもは男子10・2%、女子11・5%。高血糖状態が続いていることを示す「HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)」の高値は、男子12%、女子10・9%だった。各検査項目の小児基準値は、国内の研究や医師の意見を基に、同県が設定した。
 学校健診で血液検査を行う自治体は少ないが、同県は2012年、市町への補助を開始。同県の調査で、検査値異常の子どもは「腹いっぱい食べる」「早食い」「1日のゲーム時間が長い」「特別な運動をしない」などの生活習慣が多いことが分かっている。
 高松市では異常値の子どもの家庭に、養護教諭らが「肉を減らし野菜を多く」「お菓子やジュースを減らす」「休日は家族で運動を」などの生活指導を行い、数値が改善する例が相次ぐなど成果が表れている。
 取り組みを推進する香川短大の北川博敏名誉学長は「異常値の多くは生活習慣の見直しで改善できる。子どもの血液検査は、将来の病気予防のために重要で、国の主導で全国に広げてほしい」と話している。

年齢を重ねることにより、様々な機能が老化します。それに伴い疾患を患う人も、つまり年齢が上に行けば行くほど病気になりやすい。これが通常皆さんがもっているイメージだと思います。
しかし、老化とではなく生活習慣病の土壌は小学4年生ぐらいから作られていると言うことなんですね。

TVゲームの普及が原因の運動不足→今ではスマホ依存ですが。食生活の欧米化。大人になって健康維持というキーワードから関連して出てくる項目。もう大人だけのものではありません。対象は子供たちです。

子供 = 元気・健康。 多くをこの図式で見ています。
しかし、その根底には将来を脅かす生活習慣が・・・。
小学校の生活指導というイメージは、素行が悪い子に対してというイメージしかなかったのでが、今後の小学校や中学校では病院等で行う特定検診みたいなものが求められてくるのでしょうね。
うちの子供たちにも運動を働きかけます。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村




転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

関連記事
スポンサーサイト

コメント

  • いつも

  • 08月 08 2015
    • 2015/08/08(土) 22:03:40
    • [ 編集 ]
    • URL
    • 虎の威を借る狐-
いつも見ています。頑張ってください!!

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。