フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 低ナトリウム血症。水分補給の方法を見直します。

くたびれナースマンです。

少し前にランニングウォッチを購入したと報告させていただきました。

jogging_man.png



様々な機能があり、使い慣れるまで機能を試しながら楽しんで走っていたのですが、
この猛暑で走れなくなってきました。
ランニング関係のwebを詠んでいると、やはり夏場は走りにくい、無理は禁物とかいてあるので無理せずにと考えているのですが、5月・6月の気候の良い時は10km程度走れていたのが、暑さに負けて今は5km持ちません。
せっかく走れるようになってきたのにという気持ちは強いのですが・・・。少しでもという気持ちで頑張っています。

気候の良い時期と違い、水分補給に関して準備を怠らない様にしています。しかもバテ無い様にと水分補給をしっかり取りながらランニングに臨むのですが、暑さに比例して走る距離が↓↓。
そんな時こんな記事を見つけました。

正しい給水方法は?低ナトリウム血症にご用心

 なぜか真夏になるとあちこちで開催される「耐久レース」。自転車、マラソン、トレイルランニングと競技はさまざまだが、参加者は競技中の水分補給に頭を悩ませるだろう。

 実はこの水分補給、一歩間違えると「低ナトリウム血症」という致命的な状態を引き起こすこともある。先日、米国から競技中の水分補給に関するガイドラインが発表された。

 低ナトリウム血症は、血液中のナトリウム濃度が極端に低くなった状態を指す。兆候は意識が遠のくような感じや、手足のむくみ、吐き気や頭痛など。放置すると錯乱など脳機能障害の症状が現れ、昏睡状態から時には死に至る。

 運動誘発性の低ナトリウム血症(EAH)は、アスリートが水やスポーツドリンクなどを必要以上にがぶ飲みしたときに発生しやすい。エクササイズ時間が4時間を超える運動や、軍事教練なみのジムワークのEAHリスクは高く、当然、耐久レース関係は最も症例報告が多い。

 ちょっと驚くのは、低強度のエクササイズでも油断は禁物であること。何と、ビクラムヨガ(いわゆる、ホットヨガ)もEAHリスクが高いのだ。発汗率が低いところにもってきて、生真面目に水分補給をし過ぎると体格の小さい女性はすぐに「がぶ飲み状態=低ナトリウム血症」に陥る。また、運動慣れしていない人の汗はナトリウム濃度が濃い、つまり体内からナトリウムが失われてしまうために、EAHリスクが高くなってしまうという。

 EAH新ガイドラインの勧告は至ってシンプルだ。いわく、「喉が渇いたときだけ、水分を補給するように心がけること」。渇く前の水分補給を指導された経験があると受け入れ難いかもしれないが、今の世界の趨勢は「渇いたら、飲む」である。

 さて、自分の給水が適正かを確認するには、いつもの給水付きで運動前後の体重を比較するといい。運動前より体重増なら給水過剰。適正な給水量は、体重減少量÷運動前の体重×100=脱水率(%)で2%程度だ。3%を超えるようなら、逆に給水不足である。

低ナトリウム血症。救急で時々お目にかかる疾患です。
夏場に汗のかき過ぎでナトリウムが放出され発症する。単純に脱水症に多くみられるという本当に浅い知識でいました。
そのため、しっかり水分補給をしていれば大丈夫という浅はかな考え。
その水分補給の方法も大切なんですね。予防・予防と思いこみ喉が渇く前に水分補給している自分がいます。
米国のガイドラインはまだ読んでいないのですが、一読し夏場のランニングに活かしたいと思います。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

コメント

  • 08月 02 2015
    • 2015/08/02(日) 14:44:45
    • [ 編集 ]
    • URL
    • さぬきんぐ-
私も間違っていました。とにかく飲めばいいと思っていて、利用者様にも勧めていました。
体重測定、取り入れてみます(^o^)
さぬきんぐさん。コメントありがとうございます。
なかなか難しいですよ。ランニングしていて、この猛暑!
やはり水分補給したいという気持ちが強くなります。
この前、意識して喉が乾くまでと頑張りましたが、
渇く前に、汗が滝の様で水分損失が・・・と恐怖に
体重測定はまだ取り組んでいないので、チャレンジしたいと思います。

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。