フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 受傷=安静。この数式は成りたちません。

くたびれナースマンです。

日本人の感覚として、「受傷したら安静」という感覚を見直さなければいけないこんなニュース

マムシにかまれたら、走ってでも受診を…救急医

走る


 毒蛇のマムシにかまれたら、走ってでもいち早く医療機関を受診する方が軽症で済むことが、救命救急医らのグループによる全国調査で分かった。
 従来は「走ると毒が全身に回るので安静第一」とされてきたが、グループは「認識を改めてほしい」としている。
 グループは福岡、兵庫などの医師、ヘビの研究者ら6人で、全国の救急病院での受診の経緯などがわかった178例について分析した。
 マムシにかまれると、約30分でかまれた部位の腫れがひどくなり、その後徐々に毒が全身に回るとされる。受診するまでに少しでも走った人は21人で、受診までの平均時間は約18分。平均入院期間は5・9日だった。一方、全く走らずに救急車を待つなどした157人は、受診までに約84分かかり、入院期間は8・4日と長かった。腫れの程度も、走った人の方が軽かったという。
 グループによると、年間1000~3000人がマムシにかまれ、10人前後が死亡しているという。かまれた際の応急処置としては、かまれた部位より心臓に近い場所を布で縛るなどの方法がある。

自然界にマムシが存在していることは知っていますが、死亡事例が毎年出ているということを初めて知りました。

離島で噛まれた際、血清がなく死に至ると言うのは昔の事で、現在の交通機関・医療機関の発達で無くなっていると思いこみをしていました。無知で済みませんでした。

「走ると血行が良くなり、毒が全身に早く回ってしまう」
このようなイメージを持ち、本当に信じていました。違うのですね。
一刻も早い治療 = 治癒も早い。 当たり前のことなんですが当たり前と認識していなかったです。
日本人の感覚ですかね。

日本人の感覚と言えば、ACLSを勉強していたころ、こんな記事を
1986年1月22日に行われたダイエー対日立のバレーボールの試合中にフロー・ハイマン選手が突然倒れ、試合が中断することなく、試合会場から担架で運び出されるテレビニュースが米国で放送された。この時、ニュースを見ていた米国人から、「なぜ、日本人は心肺蘇生法をしないのか」との批判を受け、目の前で人が突然、倒れた時、すぐさま救急車を呼び、心肺蘇生法を行うという、米国では当たり前のことが、日本ではなされてないことを痛感した。

「受傷 = 安静 」 日本人の感覚です。

受傷から最短で治療(処置)を行う。至ってシンプルで基本なんですが・・・。認識を改めます。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村


3大ナースグッズ。配属される場所で、若干必要グッズは違いますが
聴診器や電卓等はどこでも必需品!
興味ある方は↓↓ポチっと



最大69%OFF!ネット限定セール開催中 ナースリー
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。