フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • デング熱。関西圏進出はあるのか?

くたびれナースマンです。

この度連休を頂き、台風も過ぎたということでレジャーに勤しんでおりました。
その、「夏だ~!!。遊ぶぞ!!」という気持ちを下げる、こんなニュース

デング熱を媒介「ヒトスジシマカ」身近に ウイルス流入で感染拡大の恐れ

 昨年夏、東京を中心に69年ぶりに国内流行したデング熱のウイルスを媒介する蚊「ヒトスジシマカ」が、大阪市内の公園や緑地など10カ所で千匹以上捕獲されていたことが19日、分かった。大阪でも感染が広がるだけの数の蚊が身近に生息していることを示す数値だという。関西国際空港発着の国際便の増加に伴い、デング熱が流行する東南アジアからウイルスが持ち込まれるリスクは高まっており、関西の自治体も予防に力を入れている。

 大阪市感染症対策課によると、昨年6~10月、靱公園(西区)など市内10カ所に蚊の捕集器を置いて調べた結果、ヒトスジシマカ計1153匹が捕獲された。

 最多は万代池公園(住吉区)の550匹。次いで矢倉緑地(西淀川区)の215匹、南港野鳥園(住之江区)の149匹の順。靱公園では90匹、長居公園(東住吉区)でも48匹を捕獲した。今年も調査している。

 近畿の他の県庁所在地でも昨年、京都市で299匹捕獲。神戸、奈良、大津、和歌山の各市は今年から調査を始めた。大阪市を含めてこれまでにウイルスが検出された個体はない。

 69年ぶりに国内での感染者が確認された昨夏の流行の中心は東京で、大阪では上京した3人の発症にとどまり、ヒトスジシマカが活動を止める秋の訪れとともに終息した。しかしこの夏も、新たに海外からウイルスが持ち込まれ、国内感染が広がるリスクがある。

 世界保健機構(WHO)の調査によると、日本人の往来も多い東南アジアでは今年もデング熱が流行中。すでにマレーシアで死者158人を含む5万3823人、フィリピンで死者86人を含む2万8600人、ベトナムで死者12人を含む1万4474人、シンガポールで3868人-が感染している。格安航空会社(LCC)の普及で関西国際空港の国際線旅客数は昨年度、過去最多の1352万人。入国者からのウイルス流入を防ぐ水際対策が取られているが、ウイルスの潜伏期は2~14日ある。このため発症前に入国するケースも想定され、大阪府の担当者は「完全に流入を防ぐのは難しい」と語る。

 感染防止には国内での努力が不可欠で、関西の各自治体は厚生労働省の指導を受け、家庭向けの啓発活動に力を入れている。

 大阪市によると、ヒトスジシマカに刺されないためには市販の虫除けスプレーが有効。長袖長ズボンを着用すれば防止効果は高まる。幼虫ボウフラが孵化する水のよどみをつくらないことも重要。水がたまりやすいのは、植木鉢の水受け▽車両のビニールシートのくぼみ▽古タイヤ▽放置したバケツ-で、定期的な排水が効果的という。

蚊媒介


昨年の同時期、日本を東京をパニックにさせたデング熱。
今年は関西圏でもというニュースです。
今の段階では、蚊=ヒトスジシマカが大阪市内の公園に多数生息しているというデータで検出は無いということです。

蚊が存在する。この季節当たり前のことなんですが、感染の可能性を言われるとなかなか外出できないですね。

今回の調査、「靭公園」 難しい読み方の公園が・・・。大阪人でもなかなか読めないですよ。
靭公園 = うつぼ公園と読みます。 どちらかと言えば都会のど真ん中にある公園で、ここが発生源になるとオフィース街が近いのでダメージが大きいですね。
また大阪城公園が出ていないのが気になります。
緑が多く、外堀内堀と水も豊富。蚊にとっては住みやすい場所と思うのですが、それと連日外国人観光客が訪れる場所ですよね。
かなりの高率で発生源になりそうな場所です。
ナースマンのランニングコースなので、凄く気になります。
これからは虫よけスプレーしてからランニングに出かけます
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村


猛暑が続く中、もう秋モノの新作が・・。早すぎるような。
新作チェックかねて、ナースアイテムをチェックしましょう。
興味ある方は↓↓ポチっと



最大69%OFF!ネット限定セール開催中 ナースリー

関連記事
スポンサーサイト

コメント

  • 07月 25 2015
    • 2015/07/25(土) 06:40:27
    • [ 編集 ]
    • URL
    • さぬきんぐ-
大阪に出現となれば、香川も近いので身近な問題です。職業病なのか蚊に刺されるのは、針刺し事故とリンクして物凄く不快ですね(^o^)
さぬきんぐさん、コメントありがとうございます
返信が遅くなりすみません。

大阪城、蚊が沢山飛んでいますよ。感染リスクは大ですね。
しかし、今年は感染やウイルス感染個体の検出も言われていないので、
少し安心していますが・・・。
いつ何時、どこからというのが感染なので注意だけは怠らないよう
しています。気を付けてください。

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。