フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 在宅復帰率

くたびれナースマンです。

平成26年4月診療報酬改定において 7対1入院基本料を算定している一般病棟にはかなり厳しい改定になりました

在宅復帰率の導入・看護必要度の見直し・特定除外制度の廃止等打ち出され

各病院で4月実績の検証が行われていると思います。

ナースマンも検証をおこなっており、今回「在宅復帰率」について

7対1入院基本料における在宅復帰率の定義について、言葉そのまま在宅退院される

患者が75%以上とされています。

ここで細かい設定が入っているのですが、他院の回リハは在宅復帰

他院の地域包括ケア病棟も在宅復帰、病院の転院はダメ

死亡退院は含めない等など ややこしいです

 診療報酬には裏技や逃げ道があるのですが、

「在宅復帰率」に関しての逃げ道は、院内転棟です。

これは病院の運営形態に左右されるので、逃げ道とは言えませんが、

院内転棟に関しては”分母・分子含めない”ここが重要!

特にケアミックス型の病院で、一般病棟から違う形態の病棟に行く

(一般~一般は意味がないですよ!!)

長くなる人は転棟、在宅に帰れない人は転棟。この方法なら在宅復帰率は下がりません

いいのか悪いのか、ケアミックスの利点を最大限に!!

8f1400d66cf3ac6785752ba017edef18.jpg



にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村 応援ポチお願いします



看護師 ブログランキングへ こちらも ぽち協力お願いします
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。