フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 大変な吸痰行為に朗報。自動吸引=夢のkeywordです。

くたびれナースマンです。

技術の進歩で、こんなことがオートマチックに可能になるなんてというニュース

呼吸器外さず痰を自動吸引…九州保健福祉大など開発

 九州保健福祉大(宮崎県延岡市)の竹沢真吾教授(血液透析工学)らの研究グループは、人工呼吸器をつけたままで痰を自動的に吸引できる装置を開発した。
 センサーで痰の有無を判断し、中が2層に分かれたチューブを用いて吸引する。2016年の製品化を目指しており、患者や介護者の負担軽減につながることが期待できるとしている。
 病気や障害のため自力呼吸ができず、口から入れた管やのどを切開(気管切開)して人工呼吸器を着けている患者は、たまった痰を自力で排出することができない。このため、看護師らがチューブを気管に挿入し、痰を吸引する必要がある。
 吸引する際は人工呼吸器を外すため、患者は苦しさを伴う。また、自宅で介護する家族らにとっても、夜中でもたびたび行うことの負担は大きい。
 竹沢教授らは、空気の通り道となる層と痰を吸い取る層の、内部が2層に分かれたチューブを考案。呼吸をした時の空気の圧力をセンサーで感知し、痰の有無を判断する吸引装置と組み合わせた。息を吐いたタイミングに合わせて、痰を随時、吸引する仕組みだ。
 痰の自動吸引装置は、全身の筋力が衰える難病「筋萎縮性側索硬化症」(ALS)患者などを対象に、大分県の企業が2010年までに薬事承認を受け、製品化している。気管切開した管の内側に痰の吸引口をつけ、少量の痰を常に吸い取る仕組みで、これまでに約850台が販売されているという。
 今回、竹沢教授らが開発した装置は、どんな人工呼吸器にも対応でき、真空ポンプを用いて個々の呼吸に合わせて痰を吸引できるのが特長という。現在は口からの管で開発を進めているが、気管切開でも使えるようにする計画だ。
 同大と竹沢教授が代表を務めるベンチャー企業、小型ポンプなどを製造する西都市の企業が、12年度から国や県の助成を受け共同で開発を進めてきた。15年度は国立研究開発法人「日本医療研究開発機構」から約4400万円の助成を受けている。病院での臨床試験を行い、16年には医療機器として申請を行いたい考えだ。
 竹沢教授は「まずは病院で導入し、看護師に使い勝手などを確かめてもらったうえで、在宅でも使えるようにしたい。将来的にはアジアへも販路を拡大したい」と話している。

凄いことです。吸痰が自動でなんて、夢みたいな話です。

人工呼吸器の患者を対応されたことがある方ならご存知だと思いますが、この吸痰の援助が大変なんですよね。
昔は、吸痰を行うために一度呼吸器を外していました。記事にありますように患者ご本人とって苦痛を伴いますので、吸痰の行為は最短で確実にと教えられました。吸痰後すぐ呼吸器につなぐのではなくバッキング予防のためアンビューバックで同調させてから呼吸器と繋ぐ。結構テクニックがいる行為でした。
それから時が過ぎ、この呼吸器から外すという行為が感染を誘発するということで、閉鎖式というトラックケアが主流に

_0013_paediatric24.jpg

呼吸器の管を通り吸引ができる。呼吸器を外さなくてもよくて外気との接触がないというものですね。
ただこれを行うは人間ですので、バッキングの問題は存在します。

今回の開発での大きなメリットはこのバッキング予防に期待できるという所ですよね。
患者の呼吸に合せると言うのは、現行の呼吸器でもサポートモードが充実していますので自動化は可能だと思います。また気道内圧の上昇が痰の貯留と判断して吸引を行うというシステムになると考えられます。

急性期の呼吸器患者は対象外になると思いますが、記事内にもあるALSや完全同調している長期患者には恩恵が大きいと思います。
特に国が進めている在宅へのシフト、呼吸器患者も例外ではなく在宅医療にどんどん増えていっています。
商品化になれば、在宅での呼吸器管理にも恩恵をもたらすものだと思いますね。

話が変わりまして、ALSというキーワードが出ましたので
昨日6月21日は「世界ALSデー」でした。ご存知でしたか?

昨年はアイスバケツチャレンジという行為でかなりの注目がありましたが、今年は・・・。
一発屋芸人という言葉が存在しますが、アイスバケツは瞬間でしたね。本当に注目してほしいの有名人が氷水をかぶるということではなく、ALSという病気なんですが。

ALSという病気を知っている人は約30%。アイスバケツチャレンジを知っている人は60%と、ALSを注目していただけるという部分では成功。次はALSという病気・現状を知ってもらうための活動を続けていくことが大切だと思います。
恥ずかしながらナースマン。昨日が「世界ALSデー」とは知りませんでした。勉強不足。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村


現在、ネット限定でSALEが行われているみたいです。
ネット限定 MAX82%OFFという文字をホームページで見つけました。
興味ある方は↓↓ポチっと



関連記事
スポンサーサイト

コメント

  • 06月 22 2015
    • 2015/06/22(月) 21:33:37
    • [ 編集 ]
    • URL
    • さぬきんぐ-
在宅では、ALSや筋ジスの方の訪問にも行っています。自動吸引、24時間介護に休みのない家族にとって夢の開発ですね!
さぬきんぐさん。コメントありがとうございます。

病院でも呼吸器患者の吸引は大変な労力です。
それが在宅で、家族でとなると・・。
基本24時間。それを行うタイミングは患者本人の状態。
本当に実用化になれば在宅で呼吸器のハードルが下がるのでは
期待しています。

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。