フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 薬の転売。法律違反ですよ!

くたびれナースマンです。

医療関係のような医療関係ではないような・・・。
少し予想外のニュースです。

処方薬を転売、利益1千万円か…国保で164病院受診

 ぜんそく用の処方薬を無許可で販売したとして、大阪府警は16日、堺市堺区、無職赤松健二容疑者(44)を医薬品医療機器法違反容疑で逮捕した。
 府警によると、赤松容疑者は国民健康保険(国保)を使って近畿の164病院で受診。薬局で購入した約5700個の処方薬を転売し、約1000万円の利益を得ていたという。
 発表では、赤松容疑者は医薬品販売の許可がないのに、今年4月下旬、金沢市内の医薬品販売会社に処方薬24個を約10万円で販売した疑い。「自分で使い、余った分を引き取ってもらっていた。販売はしていない」と容疑を否認しているという。
 府警によると、赤松容疑者はぜんそくの持病があった。2013年7月~今年5月、大阪や京都などの病院で診察を受け、薬局で薬を購入。同じ販売会社に転売を繰り返していたとされる。処方された薬の合計は、通常の用法なら130年分に相当するという。赤松容疑者は、診察費と薬代のうち3割を自己負担分として支払っていたが、7割は国保から支出されていた。
 国保は加入者の保険料や国の負担金などで運営されており、主に市町村が不正の有無などを審査している。赤松容疑者が保険料を納める大阪府松原市の担当者は読売新聞の取材に対し、「府警から連絡が入るまで多額の請求を把握できていなかった。医療機関からの請求には注意しているが、個人の不正は想定外で、チェック体制が不十分だった。再発防止策を検討する」と話した。

薬の転売ですが、予想外と言ったのは眠剤系ではなくぜんそく薬。

眠剤の転売は昔から問題視されています。
少し前の急性薬物中毒の話ではないですが、患者の希望通り処方を行ってしまいその薬を転売。
1錠1万円とかの話を聞いたことがあります。
しかし、眠剤系は呼吸抑制が強く出現することや昏睡強盗など、犯罪性が高いので、各々の病院でかなり厳しく処方日数などをチェックしているはず。
ナースマンも、昔紙カルテの時代、眠剤過多処方が疑わしき時は、カルテにカレンダーを貼り付け、処方される医師に処方内容・残薬などチェックしてもらうこともしていました。
しかし今回は眠剤ではなく、ぜんそく薬。それも複数という表現は適格ではなく164ヶ所の病院から重複投与。

高齢者の残薬問題でも上がっている複数機関からの投薬です。
本人が言わなければ、解らないんですよね。また意図的に他医療機関から投薬はないと言われると、病院ではそれ以上追及することが出来ないのが現状。だから100以上の医療機関から投薬を受けることが出来たと思います。
市町村でのチェック体制に頼るしかないのが現状ですね。

ぜんそく薬で1000万円の利益とありますが気になりますね。約5700個で1000万の利益
1個1800円ぐらいです。 どのような薬んなんですかな。かなり高額な薬ですよ。
薬品名などを出すと、真似をする人が出るかも知れませんので・・・。
残薬に関しては国も対策を考えているみたいですが、自身での自己管理も大切だと思います。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村


何か新作がでているみたいです。
使い慣れたというのも大切ですが、気分転換にというのも。
興味ある方は↓↓ポチっと



最大69%OFF!ネット限定セール開催中 ナースリー

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。