フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • マウスツーマウス。あなたは出来ますか?

くたびれナースマンです。

心肺蘇生法。ACLSのガイドライン変更も手伝って、昔とは考え方が変わってきていますね。

心臓マッサージだけでも効果=患者の蘇生措置「普及拡大を」―京大調査


心臓マッサージ

 心肺停止の患者に一般市民が蘇生を行う際、人工呼吸せずに心臓マッサージ(胸部圧迫)だけでも救命数が増えたとの調査を、京都大の石見拓教授(救急医学)らの研究チームがまとめた。
 石見教授は「人工呼吸は心理的抵抗も強い。子どもが呼吸困難で心停止した場合など例外もあるが、胸部圧迫を行う人が増えれば、救命数を増やすことができる」と話している。
 調査では、2005年1月から12年末までの消防庁の記録を使い、救急搬送前に心臓が止まった患者約81万6000人について、救急隊到着前に市民が行った蘇生法を分析。胸部圧迫と人工呼吸を約10万人、胸部圧迫のみを約25万人の市民が行い、搬送前にいずれかの蘇生法を受けた患者の社会復帰数(人口1000万人あたり推計値)は、8年間で9人から43.6人に改善した。
 患者の社会復帰数を詳しく見ると、胸部圧迫のみの場合が0.6人、人工呼吸と共に行った場合は8.4人だったが、8年間でそれぞれ28.3人、15.3人に改善。胸部圧迫のみの方がより改善幅が大きかった。
 心肺蘇生法は従来、胸部圧迫と人工呼吸を繰り返す方法が一般的だったが、近年、国際的に議論が活発化。医師や研究者らでつくる「日本蘇生協議会」(東京)などが策定した日本版の指針では「訓練を受けていない場合は胸部圧迫のみを行うべきだ」と明記している。 

マウスツーマウス


凄い改善幅ですよね。自動車の教習所でも救命処置講習は必須ですし、一般講座もたくさん開催されているので普及されていっているののかと思います。

昔から看護師の新人教育では必須科目ですね。
10年まえより、一般市民に関しては、人工呼吸を省略して胸部圧迫で救急車を待つというのは言われていました。
しかし、病院では医療従事者、特に看護師は救命処置に関しては素人ではないので、人工呼吸+心臓マッサージで教育をしていましたね。
人工呼吸に関してはバックバルブですが、挿管がされていない状態での30対2の同期。挿管後の非同期。懐かしい。

もっと昔にさかのぼると、人工呼吸+心臓マッサージの回数も15対2という時代も・・・(20年前ですが)

根拠があって、救命率があがる。良い事ですよね。
10年前は、「日本人はキスをする習慣がなく、恥ずかしがり屋なので省略OK」と言ったり、
その次は、「恥ずかしいというのは変わりないが、感染症も怖いので省略OK」となんやかんや理由を作っていましたが、
胸部圧迫を行うことで肺も上下させるので、その圧迫と言う行動で自然に空気が取り込まれるという根拠や、心肺停止直後の発見なら血中酸素濃度がまだ保たれており、早急に胸部圧迫で循環を助ける方が救命率があがるなど、根拠付けが十分行われた結果だと思いますね。

しかしそうなると、心臓マッサージの習得が本当に大切になります。
新人教育を見ている時、経験がない人が行うと、姿勢・リズムや力の入れ方。効果的な心臓マッサージにはほど遠いものでした。
病院内では経験で上手くなるよ。とか言っていましたが、一般の方がその場面に遭遇するなんて皆無。
看護師でも最近DNRが主になっている臨床で経験が浅い看護師が増えています。
経験と言う意味で、消防署などが講座を開催していますので、1回/年程度。参加した方が良いと思います。少しずつ方法が変化しますからね。

救命処置の教育の中で印象深いのは、100回/分のリズムで心臓マッサージですね。結構早いですし体力がいりますよ。
そのリズムを覚えるのに使用する曲が、「アンパンマンのマーチ」日本では代表ですね。
過去に救命処置の教育を一緒にしたパートナーが中島みゆきの「地上の星」を準備していました。この曲もリズム100です。
ただ、アンパンマンにくらべ、教室が暗くなったのを覚えています。

ナースマンはいつも、映画サタデーナイトフィーバーの挿入歌「スティン・アライブ」を使用していました。
これはアメリカ米国心臓協会(AHA)の推奨曲ということもあります。
実際は歌を歌いながらという環境ではないですが、リズムを覚えると言う部分ではかなり有効というデータも出ていますね。

救命処置も進化しています。昔やっていたとか、昔はこうだったというのはもう通用しないのでしょうね。
再度勉強ですね。ナースマンでした。



看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

お気に入りのキャラクターでアイテムが見つかるかも・・。
興味ある方は↓↓ポチっと



最大69%OFF!ネット限定セール開催中 ナースリー

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。