フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 急性薬物中毒。医療側にも責任が。

くたびれナースマンです。

病気と認識しているのですが、病気ではないやん!と思ってしまう急性薬物中毒。
その薬物中毒に関連したこんなニュース。

抗不安薬や睡眠薬で急性薬物中毒、4割は医師の過剰処方

 抗不安薬や睡眠薬を過剰服用して意識障害などが表れる急性薬物中毒を起こした患者の約4割が、添付文書で定められた規定量を超える処方をされていたとする調査結果を、医療経済研究機構(東京)がまとめた。

 同機構の研究グループは「処方のあり方を見直す必要がある」としている。

 研究グループは、健康保険組合の加入者172万人分の診療報酬明細書のデータを分析。2012年10月~13年11月の間に、自殺などを目的に多量の抗不安薬や睡眠薬を服用し、急性薬物中毒を起こした210人について、その3か月前までさかのぼって薬の処方状況を調べた。対象者は、うつ病や統合失調症など、精神疾患の患者が多数を占めた。

 添付文書で定められた規定量を超えて処方されていたのは82人で、39%に上った。処方した医師は、精神科医が89%を占めた。

 研究グループのメンバーで国立精神・神経医療研究センター薬物依存研究部の松本俊彦部長は「患者の求めに応じて医師が安易に処方してしまう傾向がみられる。治療薬が多く患者の手元にあると、乱用につながる恐れがあり命にかかわる。こうしたリスクを考慮し、処方日数や量、種類は慎重に決めるべきだ」と指摘している

救急をやっている人間なら必ず遭遇する疾患。
急性薬物中毒。胃洗浄して活性炭ほりこんで補液調整し、薬が抜けるのを待つ。あまり重症感がない疾患ですが、薬によっては呼吸器管理や透析による吸着が必要なる場合もあり、舐めてかかれない病態です。

急性薬物中毒=過剰服用。そのほとんどが自殺企図。精神疾患がベースにあり自殺企図に至ってしまうのは病気と認識しているのですが、過剰服用という行動は自己責任。
この両方の思いで救急の現場では敬遠されます。

救急搬送を多く対応している病院でも、急性期の内科対応が落ち着けば精神科のフォローを求めたり、精神科のバックアップの元救急対応している病院もあります。

しかしその精神科の対応で急性薬物中毒を引き起しているとなれば、同じことの繰り返しになるのでは。
実際急性薬物中毒の患者は同じことを繰り返す傾向が強いですね。

患者の希望通りに処方しなければトラブルに発展することもあります。過剰処方は自己防衛の意味もあるかもしれません。

医療側の対応で、急性薬物中毒という病態が抑制でき、かつ救急件数減少に結びつくなら、なんらかの対応を期待したいですね。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村


雨が降ろうが槍が降ろうが、紹介会社は活発に!
上半期の賞与後の関係ですかね
興味ある方は↓↓ポチっと



転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。