フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 看護師総辞職。切羽詰まった状況です

くたびれナースマンです。

病院関係ではありませんが、看護師関連ということでこんなニュースを

<鳥取養護学校>看護師全員が一斉に辞職

 鳥取県立鳥取養護学校(鳥取市)で、医療的ケアを担う看護師が不在になり、ケアの必要な児童生徒9人が通学できなくなっていることが分かった。以前から要員不足の事情があり、ケアの一部が遅れたことを保護者から批判された看護師6人全員が、一斉に辞職を申し出た。県教委は看護師の配置や相談体制の不備を認め、後任の人材確保を急いでいる。

 県教委が8日の県議会で報告した。同校には小学部から高等部までの児童生徒76人が在籍、うち33人がたんの吸引などのケアを必要とする。看護師6人は非常勤で、5月22日の授業終了後に全員が辞職の意向を伝えた。看護師の1人は、ケアが数分遅れたことについて、ある保護者から威圧的な言動を繰り返し受けたと訴え、他の5人も不安を募らせていたという。

 医療的ケアの必要な児童・生徒は現在、保護者同伴で登校するか、校外のデイサービス施設で教員の訪問授業を受けている。施設を利用せず家庭訪問を希望しない児童生徒4、5人が授業を受けられない状態という。

 野坂尚史校長は「本来は8人の看護師が必要。一刻も早く人材をを見つけたい」と話した。県教委は「医療的ケアを必要とする児童生徒が増え、看護師の体制が苦しかったとも聞いている。組織としての受け止めなどが不十分だった」と釈明。県看護協会などに派遣を要請中で、近く学校でのケアを再開する方針という。

大変なことになっていますね。
養護学校、何らかの医療資源の投入が必要な患児。そのために通学できないのではなく、通学できる体制をという目的で
作られた養護学校。学ぶ権利と言う観点からも大切な施設です。

そこでの看護師全員辞職。医療的ケアが全く行えない状態。辞めた看護師のみなさんは自分たちが辞めたら閉鎖しなくてはいけない状況になることは理解されていたはずです。
それなのに、辞職に至った現状とは。
詳細は解りませんが、人員不足と保護者からの過度のストレスが原因みたいですね。

人員不足に関しては、県教委の問題ですね。以前より8人体制が必要な所6人で頑張っていた。このことは把握していたはずです。それなのに補充がなかった。もしくは補充したくてもできなかった?。
県看護協会に派遣を依頼し再開予定。それならもっと早い段階から看護協会のバックアップを・・・。あとの祭りですが。

もうひとつ大きな問題は保護者との関係性です。
威圧的な・批判的なと記事にはありました。ふと病院なら「モンスター」?と考えますが、一概には言えません。

特に子供(我が子)になりますと、親側は過剰に反応し過剰に求めます。これはモンスターではなく親として当然かもしれません(近年過剰過ぎる親は問題になっていますが・・・)
病気に伴い、医療的ケアが必要な我が子に対し反応してしまう。→自然の感情かも知れません。
だからと言って看護師は我慢をしなくてはいけない。とも違います。

根本的な養護学校の運営を見直す必要があるのではと思います。
看護師の人数もそうですが、対応する患児の人数。医療設備。保護者の対応する心理士など、県全体でバックアップしなくては再開しても同じことが起きるかも知れません。
医師の総辞職というのは聞いたことがありますが、看護師の総辞職は聞いたことがありません。
それほど緊迫した状況だったのでは。
大きな問題を提示した行動だったと思います。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

夏のボーナスが近づいている影響か
転職面接が活発化しています。
失敗しない転職の為にも↓↓ポチっと



看護師専門の転職支援サービス

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。