フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カルテ開示。悪いことではないですよ。

くたびれナースマンです。

患者の権利という視点で「カルテ開示」に関してのこんなニュース

医療機関のカルテ開示義務、患者の4割知らず

 カルテ開示が医療機関の義務であることを知らない患者が4割を超えていることが、厚生労働省のハンセン病問題再発防止検討会による大規模意識調査でわかった。カルテ開示を求めたことがあるのは1割にも満たず、患者の権利が十分に認識されていない実態が浮き彫りになった。

 調査は、患者への深刻な差別があったハンセン病問題を教訓に、患者の権利を守る方策を研究する同検討会が実施。昨年12月~今年1月、何らかの病気を持つ患者5000人からインターネットで回答を得た。

 患者へのカルテ開示は、個人情報保護法で、5000件以上の個人情報を保有する医療機関に義務づけられている。調査結果によると、医療機関のカルテ開示義務を「知らない」とした患者は42・2%に上った。実際に開示を求めた経験が「ある」としたのはわずか6・2%だった。

 また、主治医の診断や治療について他の医師の意見を聞く「セカンドオピニオン」を利用したことが「ある」とした患者は22・4%にとどまっていた。

 同検討会座長の多田羅浩三・阪大名誉教授は「患者の権利を守るためには、カルテ開示を求めることやセカンドオピニオンを得ることが国民にとって常識にならなければならない。いかに普及させていくかが今後の課題だ」と話している。

個人情報施行時、病院は大慌てでしたね。対応方法が未知ということと患者の権利は解るが、開示することで不利益な事が発生するのではという点で議論議論でした。

カルテ開示により、自身の治療内容や治療の方向性が解るというのはメリットですし、セカンドオピニオンを受ける際に必須になりますよね。

しかし日本の文化?風土?として、カルテ開示 = 医療事故 という図式が色濃く存在しているのこと。実際にカルテ開示の目的の大部分は訴訟と思われますが。
そんな印象もあり、カルテ開示はあまり良いことではないというイメージが濃い。

カルテ開示やセカンドオピニオンに対して、否定的な医師も現状多くいると言うのも問題です。
患者側は、主治医の機嫌を損ねてしまうという感覚を持っておられます。(実際に主治医との関係が悪くなった事案を経験したことが・・・)

患者の権利というのは簡単で、権利なんだから使うべき(?)という図式も理解できるが、カルテ開示やセカンドオピニオンを使いやすくや、周知というのは医療者側の問題が大ではと感じますね。

ナースマンも医療者側なので、患者がもっと有益に医療機関を利用できるようアプローチできればと思います。
ナースマンでした。



看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村


ゴールデンウィークが終わり、また紹介会社の動きが活発に。
本当に転職者って多いですね。
転職を考えているなら、1つか2つは登録を!!



看護師の転職サポート≪登録無料≫マイナビ看護師




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。