フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 慢性疲労症候群。実態調査

くたびれナースマンです。

慢性疲労症候群。まだまだ認知されていない病気。
そんな慢性疲労症候群に関しての調査結果が

患者の3割が寝たきり=慢性疲労症候群、初の実態調査―厚労省

 日常生活が困難になるほどの強い疲労などが続く「筋痛性脳脊髄炎」(慢性疲労症候群)の患者の3割が、ほとんど寝たきりの生活を送っていることが22日、厚生労働省から委託を受けた聖マリアンナ医科大難病治療研究センター(遊道和雄センター長)による初の実態調査で分かった。
 同疾患の患者は全国で約30万人と推定されるが、原因は不明で治療法はなく、生活実態もほとんど分かっていなかった。
 医療機関で診断された男女計251人(平均41.8歳)に聞き取り調査。日常生活の困難度を10段階に分類したところ、最も重い「常に介助が必要で、終日寝たきり」は21人、「日中の半分以上寝たきり」も55人おり、両方で30.2%に上った。
 大半が強い疲労を感じ、体の広範な痛みや集中力低下を訴える患者も7割以上いた。発症時に学生だった61人のうち、通学を続けられたのは26人のみで、全体の7割は仕事に就けていなかった

外来の初診で問診対応時、原因不明の倦怠感というのにはよく遭遇します。
問診時では、「では、詳しい検査をと医師に伝えておきますね」とかで終了するのですが、
その中に、この慢性疲労症候群が隠れていたかもしれませんね。

患者数が推定ですが30万人。しかし治療法が確立していない。病状が悪化すると寝たきり。結構怖い病気です。
学生時にも発症者がいるという幅広い年代層。これから原因追求・治療の確立を急いでほしいですね。

昨年9月に同じテーマ(慢性疲労症候群)で投稿しており、病態も覚書していました。
ご参考までに → 慢性疲労症候群


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村


ナースグッズ目白押し
興味ある方は↓↓ポチっと



最大69%OFF!ネット限定セール開催中 ナースリー

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。