フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 最近の医療ニュース。考えさせられます

くたびれナースマンです。

最近の医療界。一体どうなっているのか

→ 東京女子医大病院   鎮静剤   特定機能病院取り消し

→ 群馬大病院   腹腔鏡   特定機能病院取り消し

→ 千葉県がんセンター  腹腔鏡  がん拠点病院申請取り下げ

→ 神戸国際フロンティアメディカルセンター   生体肝移植 4人死亡

→ 聖マリアンナ医大病院   医師11名 専門資格不正取得

昨年から直近までに大病院といわれる病院で起こったニュース。

聖マリアンナ医大病院では11名の医師にプラスして指導医だった9名も処分ということで計20名の資格はく奪が決まりましたね。

神戸国際フロンティアメディカルセンターの院長は「医療事故は絶対にない」と言われていますが、専門医団体が手術中止の提言を出すと言われています。

何か日本の医療界が起こしくなっているのではと感じます。
(神戸の件は結論が解りませんので除きますが)

あまりにも経営的な部分に走り過ぎているのか、自己の私利私欲に走り過ぎているのか。

なにか悲しい時代になりました。
利益度外視というわけにもいきません。
しかし、過剰な利益追従は問題です。
診療報酬の継続的な引き下げや、病床機能のさらなる振り分けという政策が誘因になっている懸念もあります。

20年前はもっと患者との距離が近かったと思います。専門性を表に出したり、手術実績を公表したりと病院は自分で自分の首を絞めているのでは・・・。
全国的にみると、ごく1部の病院、ごく1部の職員なんですよね。
ナースマン、この全国的とか、全国平均という言葉に凄く違和感を感じています。

手術のICとかで、「合併症は0.1% 1000人1人です。めったに起こりません。」と医師が話をされています。
患者目線で言うと、100%か0%しかないんですよね。
起きたら100% 、起きなかったら0% 。 病院職員はこの点を認識し対応されているか疑問を感じる時があります。

起きたら100%→死亡に至ってしまう。 今の医療界もっとこの点を認識し真摯に患者・家族に対応すべきです。
「申し訳ありませんでした」ではすまないニュースが続いています。

この医療界、浄化されるのいつになるのですかね。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

新作ナースグッズが紹介されていますが、
なんと、ブラックジャックとのコラボアイテムが掲載されいます。
興味ある方は↓↓ポチっと



最大69%OFF!ネット限定セール開催中 ナースリー




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コピペできませんでしたね
ワタシ他のブロガーさんで不便なことがあって
他で書いて貼りつけてるものですからアセリマシタワ
前もそうでしたのにモウ...アルツかしらん

以前もかかっていたからと 某有名大学病院で
腹痛を訴えましたら
お腹を触った直後にガバッと医師が洗面台へ
(同じ診察室内にあるのですが)
両手をゴシゴシと数分間洗ってから戻ってきて
「医師にも身体を守る権利があるから」と仰ったとき
はオドロキマシタ
病んでるのはドッチダ
ちなみにその頃はその大学病院は荒れ始めて
女性医師など真っ赤なペティキュアをしたり
廊下に血液が落ちていたりしましたけど

ナースマンさまは現場にお詳しいので
決して医療過誤などにまきこまれないように
ご家族さまをお守りくださいませ
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。