フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 市販薬。副作用を十分に理解しておきましょう。

くたびれナースマンです。

昨日夕方のニュースから今朝のニュースまで取り上げられていた医療系の話題

消費者庁が注意喚起、市販薬の副作用、5年間で15人死亡。

消費者庁は8日、市販薬による副作用が疑われる症例が2009年4月〜昨年3月の5年間で1225件あり、うち15件が死亡に至ったと明らかにした。うち8件は風邪薬の副作用による死亡だった。消費者庁は「重症化を防ぐために、初期症状が出たら医師や薬剤師に相談してほしい」と注意を呼び掛けている。
 消費者庁がこうした注意喚起をするのは初めて。副作用例は医薬品医療機器総合機構(PMDA)が集計。死亡例15件のほか後遺症が生じた例も15件あった。最も多いのが風邪薬の400件(死亡8、後遺症9)、次いで解熱鎮痛消炎剤の279件(死亡3、後遺症2)。

怖いニュースですね。薬って言うのは副作用ありき。市場開放でドラッグストア・インターネットで手軽に購入できるようになった副産物かも・・・。

その副作用症例の詳細が消費者庁より公表されていました。

市販薬副作用症例数

上表を作っていて、怖くなりました。
感冒薬でスティーブンス・ジョンソンや中毒性表皮壊死融解症なんて医療従事者でもなかなか想像しないですよ。

また市販薬って、含有成分が多種なので原因物質特定が難しいというのもありますね。

消費者庁は一般医薬品購入の際、薬剤師や登録販売者に相談しましょうと言っていますが、
同じ資料の中に、こんな事例が
事故発生年月日2014年5月、埼玉県・60歳・女性
母が薬局で「風邪にはこれがいい」と勧められた薬を購入した。薬を飲んだ直後
に喘息で救急車で病院に運ばれた。母には喘息の持病があったが、販売時に持病
については薬局で聞かれなかったようだ。医者はには「この薬を飲んで喘息を誘発
した可能性が高い」と言われている。

まあ、相談しましょうと言う点は、自分のアレルギー・既往歴を伝え相談しましょうという意味なんですが
病院や薬局にお任せの方は多いですからね。
また、アレルギーというのは難しく、服用し初めてわかるということがほとんどなので、初めてで重症化してしまうと
とりかえしのつかない事態になってしまいますね。

消費者庁からは、副作用の初期症状を知り、気づいたら早急に医療機関を受診しましょうと。
その初期症状をいくつかご紹介

1、スティーブンス・ジョンソン症候群及び中毒性表皮壊死融解症
→高熱(38℃以上)
→目の変化(目の充血、目やに、まぶたの腫れ、目が開けづらい)
→粘膜の異常(唇や陰部のただれ、のどの痛み、排尿・排便時の痛み)
→皮膚の異常(広い範囲が赤くなる)

2、肝障害
→倦怠感
→発熱
→黄疸
→発疹
→吐き気・おう吐
→かゆみ

3、間質性肺炎
→息切れ・息苦しい
→空咳
→発熱

4、腎障害(急性腎不全)
→尿量が少なくなる
→尿が出ない
→むくみ
→体がだるい

5、喘息発作(アスピリン喘息等)
→喘鳴(ゼーゼー、ヒューヒュー鳴る)
→呼吸困難(息苦しい)

薬物アレルギー(アナフィラキシーショック)、本当に急激に症状が増悪します。
上記以外でも薬を飲んで、なにかおかしいなと感じたら医療機関を受診しましょう。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村


以前紹介した3大アイテム。聴診器・計算機はわかるが、ペンケース?
看護師って思っている以上に、ペンをたくさんもっています。
ボールペンやラッション、マジック結構な量になります。
そんな時に「ペンケース」、おしゃれなもの、機能的なもの
興味ある方は↓↓ポチっと



最大69%OFF!ネット限定セール開催中 ナースリー

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。