フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 救急搬送件数。右肩上がりに増加

くたびれナースマンです。

総務省発表の平成26年救急統計のニュースがありましたので、救急動向を

搬送に関して

平成26年救急速報値
平成26年、速報値ですが年間件数が5,982,849件と、前年度より71,568件増加
平成22年から救急件数は右肩あがりですね。

このままだと、順調に年間600万件突破。この救急に関しては右肩上がりの増加は喜ばれない現象ですね。

増加の問題で、以前より救急車の適正使用は現在も問題視されていますね。
そのほかに何か、問題はないかということで、全国消防隊本部751本部のアンケート結果も出ていました。

出動件数が増加した要因ということで(複数回答可)

救急増加要因

救急隊からも、不適切搬送は問題視されているようですが、日本の救急車には拒否権というのは存在しないんですよね。
利用者側もお金がかからない、救急車を使用したらすぐ診てもらえる。
いつになったら解決すのか? (いっそお金をとりましょうと叫びたいです・・・)

他の要因として、今回「転院」が上がっていました。
「転院」多くが、1次・2次救急から高度救命への転院搬送が増加していると言われていました。
年間件数は平成26年速報値で50万件弱になるそうです。

ここは難しい問題ですよ。1次に関しては簡単な検査はできるが入院設備がないというのが1次。飛び込みで入院適応の患者が来院したら、救急車を使用し転送しますよね。
2次に関しても、対応できる疾患・対応できない疾患があると思います。
脳外科 脳梗塞でt-PAが出来る病院・できない病院。急性心筋梗塞で心カテできる病院・できない病院。様々あります。
初療を行い適切な病院へ、1次・2次なら当たり前の動きなんですが、この部分が問題視されてしまうと、3次救急に患者が集中してしまい、違う問題が発生します。

大阪では行政と協力し、病院がどのような疾患・処置に対応できるかweb上に入力し、その情報から救急隊が搬送病院を探すというシステムを導入していますが、はっきり言って活用されているとは思えないです。
明らか自院では対応できないと思われる搬送依頼があります。(それも結構な数)

適切な病院に搬送し、転送件数が減少する。理想とする形だと思うのですが、救急搬送の集中が懸念される部分。
高齢化が進んでいる中、搬送数はますます増加することが予想。
なにか対策が必要ですよね(お金を取るとか・・・)
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

7つ道具のご紹介をしましたが、いきなり7つはと言われる方へ
ナースグッズbig3、聴診器・計算機・ペンケース。これだけあれば大丈夫
興味ある方は↓↓ポチっと



最大69%OFF!ネット限定セール開催中 ナースリー

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。