フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ぎょむ虫検査廃止。あのシュールな絵も見納め

くたびれナースマンです。

保育所・小学校の恒例行事。ぎょう虫検査がなくなるというニュース

学校健診から消える「座高測定」「ぎょう虫検査」 代わりに運動不足チェック!

 文部科学省の学校保健安全法施行規則が改正され、学校で行われる健康診断のうち「座高測定」と「ぎょう虫検査」が、平成27年度限りで廃止されることになった。子供たちを取り巻く環境の変化に応じ、「省略可能」と判断した。一方、文科省では運動不足などを調べる新たな検査を導入することにしており、学校健診は今後、“現代っ子”ならではの課題に対応した方式に様変わりしそうだ。
測定に意味なし?
 文科省によると、座高測定は戦時中の昭和12年、内臓の発育などを確認するために始まった。戦後も上半身と下半身の長さのバランスを見ることで、子供の発育状態が測定できるうえ、学校に配備する机や椅子の高さを決めるのにも役立つとして続けられていた。
 これまでの調査で、小学3年生の平均座高(男子)の推移をみると、平成25年度は70・2センチで、祖父母世代の昭和33年度に比べて2・2センチ伸びた。この間、身長は6・8センチ伸びており、日本の子供たちの足が長くなっていることが分かる。
 ただ、学校現場からは、子供たちの健康管理と座高の関係が分かりにくく、机や椅子の配備にもあまり役立っていないとして、「測定に意味がない」との声が上がっていた。
 文科省の有識者会議も昨年12月、身長と体重のデータを活用すれば、座高は省略できると提言。このため文科省は廃止することを決め、施行規則を改正した。

sero.jpg

ナースマン、子供がいますので毎年この検査用セロハンをみていました。
小学校の時、自身もやっていましたが陽性ではなかったですし、虫下しを使ったという友達もいませんでした。
毎年行っていましたし、子供たちも学校から持って帰ってくるので、なんの疑問もなくお尻にペタ。

廃止の背景には衛生環境の改善があるそうで、文部科学省で把握されている卵保有率も
祖父母世代(昭和33年度)→29.2%
父母世代 (昭和58年度)→3.2%
子世代   (平成25年度)→0.2%
と、省略可能と判断したみたいですね。

「座高」に関しても測定していましたが、「足短か」という指標にしかなっていなかったですね。
机と椅子のサイズの参考にするという理由ですが、小学校・中学校・高校。変更したという話を聞いたことありませんし、
子供たちのからも聞かないです。慣習的に測定していただけのような気がします。

衛生環境の改善が身体に良い影響をもたらし、不要な検査がなくなるのは良いことだと思います。
しかし、
f0096508_14224653.jpg
ぎょう虫検査の説明書。この絵を見れなくなるのは少しさびしいですね。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

以前に書きました、看護師の靴。大切ですよ!
職場では結構な距離を歩くはずです。それに伴い看護師の悩み「足ムレ」と「足のむくみ」
そんな足ムレに対応したナースシューズが
興味ある方は↓↓ポチっと



最大69%OFF!ネット限定セール開催中 ナースリー

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。