フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 危険ドラッグより危険な精神薬

くたびれナースマンです。

昨年、あれだけ騒がれていた「危険ドラッグ」最近聞かなくなりました。
冬場は静かになり、夏場は気分も開放で・・・・。そんなことないと思いますが。
危険ドラッグの怖さはあちこちで報道もされており、かなり周知されたと思います。
しかし、病院で処方されている薬でも、使用方法を間違えば危険ドラッグよりも危険なことが。

不適切な使用招きやすい処方薬トップ5

 医療機関の受診をきっかけに引き起こされる処方薬乱用の問題を考えてみたい。


覚醒剤や危険ドラッグの使用者を含む薬物関連精神疾患(急性中毒、有害な使用、依存症、精神病性障害など)の患者が、乱用した経験がある処方薬トップ5を示している。不適切な使用を招きやすい処方薬トップ5と言い換えることもできる。国立精神・神経医療研究センターや東京大学などの研究者が、厚生労働省科学研究費補助金を受けて2014年に行った「全国の精神科医療施設における薬物関連精神疾患の実態調査」の最新報告書から抜き出してみた。



エチゾラム(デパスなど)120例

フルニトラゼパム(ロヒプノール、サイレースなど)101例

トリアゾラム(ハルシオンなど)95例

ゾルピデム(マイスリーなど)53例

バルビツレート含有剤(ベゲタミン)48例


 この調査は、薬物関連の精神疾患を患い、精神科病床のある全国の病院で通院か入院の治療を受ける1579症例を分析した。担当医が患者を面接して回答。その結果、患者が主に使用する薬物は、覚醒剤、危険ドラッグ、処方薬(睡眠薬・抗不安薬)、有機溶剤、大麻の順で多く、乱用経験がある処方薬は、リストの順位となった。調査をまとめた国立精神・神経医療研究センター薬物依存研究部の精神科医、松本俊彦さんは「以前から問題が指摘されていた薬ばかりで、ほぼ不動のトップ5といえる。薬物乱用者の間では、これらの薬は『ブランド化』している」と話す。

 1位のエチゾラム(チエノジアゼピン系)は、ベンゾジアゼピン系のような依存性が知られている。適量を、使用期間を決めて処方すれば問題は避けられるはずだが、漫然、安易な投薬が事態を深刻化させている。この種の薬の影響は個人差が大きく、悪影響が出にくい患者がいる一方で、「(この薬を飲むと)何とも言えないふわふわした感じになり、苦しさを忘れられる」などとして、不適切使用を続ける人もいる。一時的であっても現実逃避したいという欲求から、乱用する人がいるのだ。
 エチゾラムの適用症は、神経症による不安、緊張、抑うつ、睡眠障害をはじめ、うつ病による不安、緊張、睡眠障害、さらに頸椎けいつい症、腰痛症、筋収縮性頭痛における筋緊張や抑うつなど数多く、後発品の多さもあって、日本では頻繁に処方されている。調査報告書は「この薬剤は向精神薬指定がなされていないために長期処方が可能であることから、(中略)きわめて入手が容易である」「すべての診療科の医師に対して注意を喚起する必要がある」としている。海外ではあまり使われない薬なので問題が国際化せず、向精神薬指定が行われていないのだが、早急な対策が必要だろう。

 2位のフルニトラゼパム(ベンゾジアゼピン系)は、「デート・レイプ・ドラッグ」(飲ませて昏睡こんすい状態にして性的暴行を行う)として知られ、厳しい規制をかけている国が多い。米国などへは、海外旅行で持ち込もうとすると罰せられる恐れがある。3位のトリアゾラム(ベンゾジアゼピン系)は、依存性が以前から知られている。日本でもこの薬の催眠作用を悪用した事件が起こっている。4位のゾルピデム(非ベンゾジアゼピン系)も習慣性が以前から指摘され、「麻薬及び向精神薬取締法」の向精神薬指定を受けている。

 5位のベゲタミンは、抗精神病薬のクロルプロマジンと、睡眠薬や抗てんかん薬として使われるフェノバルビタール、さらに抗ヒスタミン作用があるプロメタジンを合わせた配合薬。1957年に発売された古い薬で、日本だけで使われている。鎮静作用の強さから「飲む拘束衣」などの呼び名があり、過量服薬すると死亡する恐れがある。この薬を多く飲んで長く意識を失い、筋肉の一部が壊れて血中に溶け出す横紋筋融解症を起こし死に至るケースも。

TOP5、医療関係者なら一度は聞いたことがある、精神科の代表的な薬ですよね。
ナースマン精神科の経験はないですが、5つすべて知っています。昨今一般病院でも普通に処方される薬です。

3位のハルシオンに関しては、ナースマンの病院、採用を中止しております。
依存性のこともありますが、転売の対象薬になっているというこも鑑み採用を中止にしました。

5位のベゲタミン。救急をしていたとき薬物中毒でこのベゲタミンの多量摂取は二の足を踏みました。
状況によっては緊急透析の確立が高く、その後の管理も大変という記憶があります。

正しい使用なら問題はないのですが、記事にありますように種類によっては長期投与が可能で1ヶ月処方なら、いきなり30錠手に入ることになります。
薬自体の依存性など問題になるとは思いますが、長期投与可などの制度設計にも問題があるのではと感じました。
受診するれば手に入る薬です。危険ドラッグ以上に注意がいるのでは思いました。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村


なんと「まとめ買い」で15%OFF !?。必要なもの・欲しいもの今がチャンスで。
興味ある方は↓↓ポチっと



最大69%OFF!ネット限定セール開催中 ナースリー

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。