フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 看護必要度。変更点再確認。

くたびれナースマンです。

前回投稿しました7対1看護からの類下げ記事。7対1看護の急性期病院は死守に奔走しているのでは・・・

では今回(平成26年)の診療報酬改定で、記事にもありましたように「看護必要度」どのように変わったのか。

変更点を一覧にしてみました。

看護必要度

急性期以外の病院で勤めている看護師の方はあまり、見たことがないと思います。
急性期の看護師は毎日このチェック表を見て、チェックしているはずです。

平成26年の改定ではこの看護必要度チェック表、本当に急性期病院の指標になっているのかというところから論点が始まっています。
本当の急性期は残し、なんちゃって急性期は類下げしてもらい、急性期ベットを減らしていこうという第一弾です。

しかし、この看護必要度の実情を調べて行くと、いろいろ逃げ道があって、なんちゃって急性期がそのままになってしまうという結果から厳格化が。
→おたくの病院は本当に急性期ですかとふるいにかけられているのが現状です。

変更点
追加 → 3項目
削除 → 3項目
見直し→ 2項目

という改定内容。上図はA項目といわれるもの。もうひとつB項目で日常生活のADLを評価しており、
A項目2点以上、B項目3点以上の患者の割合が15%以上というハードルを急性期は課せられています。

つまり、A項目の治療・処置が存在し、ADLも介助がいる方が急性期病院で入院して頂く患者層と設定されています。
寝たきりの方、療養目的は急性期ではなく慢性期へ。
抗がん剤治療で入院していても、ADL自立なら対象外です。化学療法は外来というのが流れですから。

まず追加項目
・抗悪性腫瘍剤の内服
・麻薬の内服・貼付
・抗血栓塞栓薬の持続点滴

この3点に関しては、急性期病院でありえると思われる項目ですね。
とくに抗血栓塞栓薬に関しては、脳外科を主としてる急性期病院ではかなりプラス項目ですね。

見直し項目
・呼吸ケア(人工呼吸器等)の見直し
・創傷処置 → 創傷処置・褥瘡処置に区別

呼吸ケアに関しては、のちの記載する吸引削除が大きいですね。しかし酸素投与していれば呼吸ケアが加算されます。
たしかに、酸素投与というイメージは重症的なイメージがありますが、呼吸器を主体にしている病院でCOPDの患者が多かったらどうでしょう。在宅酸素で1L投与でも加算です。この項目はまだ議論の余地があります。

創傷処置に関しては、急性樹病院ではほとんどが手術後の創部だったらしいです。つまり褥瘡で算定している病院は少数。だったらいじらなくてもそのままでいいんじゃないか?という考えになりますが、平成26年の改定の中で褥瘡関係が厳しい改定になっています。その走りとして今回は区別し次回改定時は削除項目になるのでは思います。
褥瘡に関しては次回改定注目です。持ち込み褥瘡は仕方がないですが、院内発症に関してはなんらかペナルティーが・・。

削除項目
・血圧測定
・時間尿測定
・喀痰吸引


今回の改定内容の目玉と言われている部分でした。
この3項目を削除するだけで、どうなるのか?というのがありましたが、厚生労働省のシュミレーションでは
旧看護必要度では、15%維持できている急性期病院は82.4%という数字をもっており、3項目削除するだけで56.5%に下がるというシュミレーションを。 
その差25.9%です。

この血圧測定。定義が凄く曖昧でした。だれでも血圧測定(○回/日という規定がありました)実施すれば1点です。
抜け道として病態問わずです。安定している方でも血圧測定すれば・・・。
時間尿に関しては、手術後や心不全の患者で急性期のイメージがでますが、手術後・心不全なら別項目で加算されています。時間尿は必要ないという結論
また時間尿。一番算定しているのは15対1の一般病棟という結果もあり7対1にはそぐわないという結論。

喀痰吸引も同じよう理由で、15対1の一般病棟と療養病棟が一番多いという結果が出ているため削除になってます。

まず第一弾として25.9%の急性期を見極めています。ニュースでも7対1類下げとあるように一定の効果は出ているのではと考えますが、病院で働いている側の人間からすれば、ますます厳しい現状が続いていくと危機感ばかりです。

ナースマンでした


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

聴診器・カーディガン・印鑑・駆血帯・ペンライトなどなど、病院(部署)が変わっても看護師の物品って流用できますよね。
いろいろ必要物品が揃っています。 ↓ポチっと



最大69%OFF!ネット限定セール開催中 ナースリー

関連記事
スポンサーサイト

コメント

初めまして。
EPoch(エポック)と申します。

ブログを拝見させて頂きました。

ぜひあなた様のブログを多くの医療従事者の方々に読んでいただきたいと思い
メッセージをさせていただきました。

【pocheブログランキング】
pocheのブログランキングでは、毎日多くの医療従事者の方が訪問して下さっています。

【医療従事者の為のセミナー総合ポータルサイト】だからこそ、あなたが求める人気セラピストのブログを一覧できます。
そして同じ同志の人々に自分のブログを見ていただけるきっかけになります。

あなたも poche のランキングに参加して、
医療業界を盛り上げていただけませんか?

ブログの登録作業は非常に簡単です。
是非、『poche ブログランキング』のご参加お待ちしております。
バナーのリンクもお気軽にご使用くださいませ。

poche ブログランキング:http://p-oche.com/ranking/

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。