フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 九州地方。インフル流行ピークに!

くたびれナースマンです。

インフルエンザの猛威もピークが過ぎたような感じですが、いやいや九州では・・・。

インフル九州突出 患者割合上位に6県


九州

インフルエンザが九州で猛威を振るっている。厚生労働省の直近(1月19~25日)のデータによると、1医療機関当たりの患者数の多さでは、全国の上位10県に宮崎、鹿児島など九州の6県が入った。厚労省は九州全7県を大流行が見込まれる警報レベルにあるとした。学校や病院、高齢者施設での集団感染も相次ぎ、福岡県では11人が既に亡くなっている。医療関係者は「人の多く集まる場所ではマスクを着用するなど、予防を徹底してほしい」と呼び掛けている。



九州インフル


 厚労省によると、この1週間に医療機関を受診した患者数は推計約192万人。年齢別では5~9歳が最も多く、次いで10~14歳で、若年層が目立つ。国立感染症研究所(東京)によると、高熱や関節痛といった症状があるA香港型が流行している。例年ピークの終息時には症状が似たB型が広がる傾向があり、3月上旬ごろまでは感染に注意が必要という。

 全国約5千の定点医療機関の報告に基づき、1医療機関当たりでみると、患者数は既に過去2年のピークを上回る水準に達した。年明けにいったん減少したが、再び勢いを取り戻した。九州は流行の始まりが遅くここに来て感染のピークが続いているとみられる。

 北九州市の医療施設では、入院患者41人と職員10人がインフルエンザに集団感染し、1月11~21日に84~103歳の男女5人が死亡した。同施設でそれまで集団感染はなく、患者への面会を取りやめ、外部機関に委託して原因を調査している。福岡県篠栗町の病院では、若年層の感染が目立っていることから、中学生以下は入院患者との面会を断る措置を取っている。


九州では、何が起きているのでしょうか。今までの経験上インフルエンザで特定の地域がというのは、あまり聞かないですね。

天気や桜前線のように、西日本から東日本にという移動するものでもないですし、
医療施設での集団感染のニュースは全国的に出ていましたので、やはり全国的に流行っているという印象しか持っていませんでした。

記事の中でもあるように、流行開始が九州地方は遅れたというのが要因と。
九州だけではなく、全国的にもまだまだ予断を許さない状況ですね。

記事内にあるように、病院に面会に行かれる方。申し訳ありませんが体調が少しでも悪い時はお控ください。
中学生以下のお子様の面会は避けるよう、ご理解ご協力を。
医療関係者としてのお願いです。

ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。