フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
くたびれナースマンです。

巷ではモラルハラスメントが話題になっています。このブログでも一体何種類のハラスメントがあるのかと投稿しました。
今回はドクターハラスメントのニュースを

搬送女児のブラジル人父に医師が「くそ、死ね」


 静岡県の磐田市立総合病院で昨年12月、呼吸器内科の20代の男性医師が、救急搬送されてきた女児に付き添っていたブラジル人の父親に「くそ、死ね」などと暴言を吐いていたことが27日、病院への取材で分かった。病院側は事実関係を認め、「男性に事情を説明して謝罪したい」としている。

 病院側によると、昨年12月24日未明、同県菊川市に住む女児(6)が足の不調を訴え、同病院に運び込まれた。当直医だった男性医師が診察し緊急を要しないと判断、付き添いの父親に診察時間内に来るよう指示した。だが、父親は納得せずに口論となり、その中で男性医師が「死ね」などと発言したという。

 男性医師は「片言の日本語でコミュニケーションがうまく取れず、腹が立ってつぶやいてしまった」などと話しているという。

 男性医師の暴言をめぐっては、動画投稿サイト「ユーチューブ」にやり取りを記録した動画2本が配信され、インターネット上で話題になった。暴言の場面はないが、男性医師が「小児科に行け」と語気荒く指示する姿が記録されている。

 同病院によると、男性医師は病院長から厳重注意を受けた。同病院医事課の担当者は「医者として不適切。再発防止に向けて教育を徹底したい」と話した。

医の倫理から見ても不適切ですし、昨今サービス業と言われる病院。サービス業なら絶対に口にしないですよ。

病院関係者として本音と言いますと、心の中で叫ぶことがあります。それは理不尽な要求や我儘なモンスターに対してで、心の中でです。決して口には出さないです。
そしたら、我慢をしろと言うのかと反論があると思いますが、我慢も必要な時があります。

昨年、インターネット上に従業員に土下座させる動画を。あきらかモンスターと言われる行動をとられる方々増えています。しかしサービス業だからすべて我慢というのも違うと思います。
かなり、横道にそれてしまいました。

一般的なサービス業と病院では患者・家族心理が大きく違います。
緊急の度合いの温度差、命の危機という感覚に温度差。この部分は仕方ないことなので、医療従事者この温度差を埋めるためにコミュニケーションを図っていかなければなりません。
この部分は医療において基本の部分で、のちの患者・家族との信頼関係構築に関しても重要になります。

今回の医師はあまりにも未熟です。片言の日本語で上手く伝わらない。だから腹が立った。医者の傲慢ですね。
それを伝えるのが仕事です。
あげくに売り言葉に買い言葉。そのなかでの暴言。ありえないです。
病院長から厳重注意とありますが、治らないでしょうね。
腹が立っての暴言ですから、頭で考えて発している言葉でないですよね。この医師は過度のストレスが自分に降りかかると攻撃的になる性格。それなら改善と言うのは難しいのでは・・・・。

患者サイドからの理不尽な要求⇒モンスター
病院からのハラスメント。
本当に難しい時代になりました。発言には気をつけます。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。