フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 介護職員 不安・不満はこれだ!

くたびれナースマンです。

介護報酬引き下げの記事で、今後の介護分野においては約30万に人手不足になるとお伝えしました。
本当に???。

再就職で介護分野を選択する方もおられますし、専門学校も存在します。人口動態から高齢者が増加していくのは理解しているのですが、本当に不足してしまうのでしょうか?
少し、違う視点から介護分野が抱える問題を

まず介護分野における、職員数の推移です。

介護職員推移

介護保険が始まった、平成12年から職員数は順調に増えていっているという表です。
これを見れば、今後も介護分野の需要拡大で順調に職員数は伸びていくはずです。

ただ人口動態の記事でも記載したように、生産年齢人口は減少します。
介護労働者が2025年は383万人必要と言われている中、介護労働者は全労働者の6.4%になると予想されています。
この数字は、日本国内の一大産業になるのではと言われています。

また実際に働いている方々のアンケートというのも見つけました。

介護士アンケート

人手不足と待遇改善の項目が大きくなっていますね。

このままだと、介護分野に魅力がなく、就職する方々減。 生産年齢も人口も減。
将来、人手不足になるという理由はこのあたりにあるのではと思います。

10年後、絶対的に必要不可欠な分野です。早急な抜本的改革が必須と感じています。

ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。