フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 糖尿病治療薬 SGLT2阻害剤 要注意です!

くたびれナースマンです。

昨年4月に販売開始になった糖尿病新薬SGLT2阻害薬に関して死亡症例から注意喚起が。

新型糖尿病薬服用、10人死亡 厚労省、適切使用指示へ

 昨年4月以降に相次いで発売された新型の糖尿病治療薬を服用した患者10人が死亡していたことが、各製薬会社による副作用調査でわかった。因果関係は必ずしも明確でないが、脱水症を招き死亡につながったとみられる事例もあった。厚生労働省は適切な使用を呼びかけるため、添付文書を改訂するよう各社に指示する方針。

 新薬は「SGLT2阻害薬」で、生活習慣が原因で患者数が多い2型糖尿病が対象。インスリンの分泌を促す従来の薬とちがい、尿中の糖を体内に吸収させるたんぱく質の働きを邪魔し、体外に出して血糖値を下げる。利尿作用があり、体重を減らす効果もあるとして注目されている。昨年4月以降、国内で6製品が販売され、専門家によると10万人以上が服用していると推定される。

 朝日新聞が各社の調査を集計したところ、約3700人で約4800件の副作用報告があった。うち重篤なものは皮膚障害、尿路感染症、脱水症など630件で、10人が死亡していた。副作用報告は因果関係にかかわらず幅広く届けられる。

SGLT阻害薬、インスリンに頼らず血糖を下げるということで、新たな糖尿病治療薬として注目されていましたが、販売前より副作用に関して、注意喚起がなされていました。

・重篤な低血糖
・ケトアシドーシス
・脱水、脳梗塞
・皮膚症状
・尿路、性器感染症

臨床試験時から出現しており、販売からの9ヵ月で10人の死亡例を出しています。

DM新薬副作用

多いですよね。もう少し臨床試験をという気持ちになります。
日本は臨床試験から承認まで時間がかかるという問題もありますが、このSGLT2阻害剤に関しては、副作用報告・死亡事例が多過ぎます。また臨床試験時から副作用に注意喚起されているなら、もっと安全が確保されてから販売でも・・。

糖尿病に関しては、国も力を入れている生活習慣病。その治療に関して選択肢を増やすとなればいいことなんですが、その条件としては安全性の確保ですよね。ここが欠落しているのではと感じました。

安全に関しては「SGLT2阻害剤の適正使用に関する委員会」というものも存在し経時的にモニタリングを行っています。
一刻も早い安全性の確立を期待したいです。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。