フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 看護師 救急の現場は大変です

くたびれナースマンです。

救急業務も経験しましたので、関連記事は興味津津です。

救急車の現場到着や病院への搬送までの時間、過去最悪に


救急車の現場到着や患者の病院への搬送までの時間が、過去最悪になったことが、消防白書で明らかになった。
総務省消防庁が19日に公表した2014年版の消防白書によると、通報から救急車が到着するまでの時間は、2013年は全国平均で8分30秒、到着から患者を搬送し、医療機関に収容するまでの時間は39分18秒で、ともに過去最悪となった。
また、2013年の救急出動件数も、過去最多の590万9,367件でだった。

ニュース的には、これだけだったのでどう最悪がよくわかりませんでした。
それならと19日に発表された消防白書から
まず、救急出場件数です
年々増加している。正しく救急車を使用しましょうというのは時々聞きますよね。

救急搬送数

平成13年から出動件数を見ています。 件数は右肩上がりでもうすぐ年間600万件に届く勢いです
高齢化社会が叫ばれている昨今、この増加は仕方がない部分かもしれませんが、平成25年の5,912,623件を日割にしてみると1日平均1万6,190件です。これは多いなという感想。
病院もそうですし、救急隊の数もパンクするのではと考えてしまいます。

次にニュースの中にもあった。搬送時間
119番から現場着と、現場着から病院収容までの時間をグラフ化

救急到着時間

ナースマンの勝手なイメージですが、119番したらすぐに救急車が来て、すぐに病院に運んでくれる。そんなイメージは完全に崩れました。
平均値の合算ですが、電話して病院に着くまで47.8分かかるということです。
30分ぐらい距離だったら、自分で病院に行った方が早いということですよね。

しかし救急車で行ったら、すぐ診てもらえる(待ち時間がない)。そこを狙って救急車を利用する人も。
前から言われているように、利用される方々のモラルも問題になることもあります。
病院、地域の救急体制にも改善の余地が・・・
次回、もう少し詳細な統計をご紹介したいと思います

ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。