フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSウイルス、インフルエンザ今年は早いですね。

くたびれナースマンです

今年は寒波がすでに猛威を振って、インフルエンザも流行。何か1ヶ月ほど前倒しにのような気候らしいです。
そのなかでも、RSウイルスが猛威をふるっているというニュースを

RSウイルス感染者拡大 ここ10年で過去最多

 乳幼児に肺炎や気管支炎などを引き起こす恐れのある「RSウイルス」の感染が、子どもたちの間で広がっています。患者の数はこの10年で最も多くなっていて、有効なワクチンがないことから、国立感染症研究所は手洗いやうがいの徹底を呼びかけています。

 「RSウイルス」は、感染すると発熱などかぜに似た症状があらわれる病気。国立感染症研究所によりますと、先月24日から30日までの1週間に全国でRSウイルスの感染が確認された患者は、調査を始めた2003年11月以来、過去最多の5495人に上りました。感染者が5000人を超えたのは2週連続で、全国的に急速に感染が広がりつつあります。

 都道府県別に患者の数をみますと、北海道が376人、埼玉県が341人、東京都が340人、大阪府が317人などとなっています。

このRSウイスル。昔は聞かなかったのですが最近この時期になりますよ、よく耳にする言葉
実際にRSウイルスって?ということで覚書を

[原因]
 RSウイルスの感染でおこります。
 このウイルスは冬から春にかけて流行し、乳幼児気道感染症の重要なウイルスです。RSウイルスのRはRespiratoryの略で「呼吸の」という意味だということからもわかるように呼吸器系に感染するのウイルスです。
 RSウイルスの感染力は非常に強く、2歳頃までにほぼ100%の子どもがかかります。一度かかっても免疫が十分にできないので何度もかかりますが、くり返し感染しながら徐々に免疫ができ、症状は軽くなります。
 飛沫感染と接触感染の2経路があります。飛沫感染では、感染した人の咳やくしゃみで飛散したウイルスを直接吸い込むことによって感染し、鼻や咽頭の粘膜で増殖します。また、接触感染も多く、鼻汁や痰に含まれるRSウイルスが皮膚や衣服、玩具、またそれに触れた手指についても、4~7時間のあいだは感染する可能性があり、それが眼瞼や鼻咽頭の粘膜と接触することでうつります。
 潜伏期は2~8日で、症状が現れる前でも感染することがあるうえ、症状が消えてからも1~3週間は感染する力があると言われています。
 
[症状]
 RSウイルス感染症では、ふつう鼻水、咳、発熱などのかぜ症状があり、多くの場合1~2週間で治ります。しかし、生後1年以内、特に生後6ヶ月以内の乳児や未熟児、循環器系の疾患を有する幼児では重症化しやすく、呼吸機能の弱い老人や慢性肺疾患患者、免疫不全患者においても重症化する傾向があるので注意が必要です。
 生後2歳までにほとんどの乳幼児がかかりますが、初めてかかった乳幼児の場合は鼻水から始まり、その後38~39度の発熱と咳が続きます。その中の25~40%の乳幼児が細気管支炎や気管支炎、肺炎をおこします。再感染の幼児の場合は細気管支炎や肺炎などは減り、上気道炎が増えてきます。再感染の場合は一般的に症状は軽いようです。中耳炎を合併することもあります。
 急性細気管支炎
 細気管支炎による喘鳴が特徴的です。喘鳴を伴う呼吸困難の症状(ゼイゼイ、ヒューヒュー)を示します。チアノーゼ(唇が黒っぽい、顔色がわるい)、呼吸数(通常1分間に40回程度、60回近くなると要注意)に注意しましょう。 呼吸状態から喘息と間違われることがあります。
 
[治療]
 RSウイルスに抗生物質は効きません。二次感染のおそれがあるときは抗生物質を使うことがあります。多くの場合は症状を抑える対症療法がほとんどです。他の「かぜ」と同じく、水分補給・睡眠・栄養・保温をして安静にして経過をみることになります。脱水があり飲めない、呼吸困難が強い、二次感染が重篤などの場合には、入院が必要となることがあります。
 
[予防と注意]
 RSウイルスに対してはお母さんのおなかの中にいるときにもらった免疫では感染を防ぐことはできません。3~6ヶ月ぐらいの乳児は免疫力が弱く重症化しやすい(母親からの免疫がなくなる時期)ので、その時期にうつらないようにすることは大切でしょう。
 予防策としては、感染者との接触や感染者から飛散した気道分泌物が付着したおもちゃやおしゃぶりなどによって感染することがありますから手をよく洗ったり、おもちゃやおしゃぶりなど赤ちゃんがお口に入れるものは清潔にしておいてください。流行期に生後6ヶ月未満の乳児を連れて外出をする場合には、人ごみを避けるなどの注意や、まわりの人が感染源にならないように注意する必要があります。(RSウイルスはおとなのかぜの原因にもなります)また、手洗いの励行による接触予防、マスクの着用による飛沫防止も有効です。
 RSウイルスは、消毒薬に弱いので、次亜塩素酸ナトリウム(ミルトンなど)、消毒用アルコール、ポピドンヨード(イソジンなど)が有効です。
 月齢の低い赤ちゃんでかぜと診断されても機嫌が悪い、元気がない、おっぱいやミルクの飲み方が悪い、熱が高い、せきがひどいときはもう一度受診しましょう。せきがひどく呼吸の状態がおかしい時は急いで受診しましょう。
 せきでなかなか眠れなかったり、おっぱいやミルクが飲めないということもありますから、こまめに飲ませてあげるようにしてください。お部屋の加湿に気をつけたり、楽な体位などの工夫をしてあげることが大切です。 

このRSウイルス、薬がなく対処療法になるというのが嫌ですね。冬場で長引く感冒症状はRSウイルスかも知れません。
成人するれば、症状からちょっと長引いている風邪で終わってしまうのでしょうが、小児に関しては要注意です。
今年は特に重症化する症例が多いと聞いているので、注意して下さい。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

クリスマスプレゼントは決まりましたか?ナースマンは子供たちからまだ聞き出せていません。
間に合うか、焦っています
↓↓

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。