フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • MRSAが無くなる日が来る?

くたびれナースマンです。

院内感染の最終形メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)を撲滅する(かも)・・・。
と期待させるこんなニュースを


<MRSA>1分で99.99%殺菌 新しい抗生物質発見

 ほとんどの抗菌薬が効かないメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)を殺菌する効果のある新しい抗生物質を発見したと、浜本洋・東京大助教(微生物学)らの研究チームが8日付の米科学誌ネイチャー・ケミカルバイオロジー電子版に発表した。MRSAは院内感染が問題になっており、新薬開発が期待される。

 MRSAは、多くの人の鼻腔(びくう)などにすみ着いている。普段は無害だが、免疫力が落ちた高齢者や病人などは肺炎や敗血症になって死に至ることもある。近年、切り札の抗菌薬バンコマイシンが効かないMRSAも見つかっている。

 研究チームは約2年7カ月かけ、各地で採取した土壌中にいる約1万4000種類の細菌を調査。沖縄県の土から見つかった細菌が、MRSAを殺す抗生物質を作り出すことを発見し、ライソシンEと名付けた。ライソシンEの殺菌力は強く、既存の抗菌薬が投与後約30分経過してようやくMRSAを殺菌し始めるのに対し、1分で99.99%を殺菌できた。また、菌の細胞膜のみを破壊し、マウス実験では生体への悪影響がないことも分かった。

 チームは今後、治療薬としての承認に向けた実験を開始する考えで、浜本助教は「7~8年後の実用化を目指したい」と話す。


医療関係者。特に病院・施設の方々にとっては朗報です。
このMRSAという壁にぶち当たり転院を断られたり、施設入所が困難という事案は数多く体験してきました。
健康な医療従事者の鼻腔粘膜には常時存在し、抵抗力が弱い入院患者に移ってしまうと日和見感染をおこし重症化する。一般的なMRSAの知識です。
重症化するという点でも要注意なんですが、前述した転院・施設入所に関しても大きな壁と立ちはだかります。
とくに、MRSA最終兵器バンコマイシンにも耐性をもつMRSAが出現すると病院全体厳戒態勢。
院内でアウトブレイクが起きてしまうと、保健所・関係官庁の立ち入り調査。マスコミ対応。病院として機能を果たさなくなります。
そのMRSAを1分で殺菌!?。20年以上医療界にいるナースマンから見ると夢の抗生物質です。

10年後にはMRSAというものが撲滅されているかも・・・
しかし抗生物質、新薬と耐性菌のいたちごっこという負の歴史が存在します。
新しい抗生物質ができても、すぐ耐性菌が・・・。
まだ7~8年先の話ですが、期待して待っていたいと思います。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。