フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 世界に43人の「golden blood」(黄金の血)

くたびれナースマンです

医療ニュースと言えるのかわかりませんが、珍しいこんなニュースを

世界でたった43人の「黄金の血」

「golden blood」(黄金の血)と呼ばれる血液があることをご存じだろうか。世界の人の0.01%未満(国際赤十字社調べ)しかいないという、希少な血液型の通称だ。英国の生命科学サイト「mosaic」および米国の放送局abcのニュースサイトが10月、11月と、この血液型について報じ、これを日本のニュースサイト「Gigazine」が紹介。日本のネットでも話題になっている。

これらによると、血液型は赤血球の表面にある抗原で決まり、人間の場合、最大342種類の抗原が存在するという。それによって血液型は、A型、O型などの「ABO方式」や「Rh式」だけでなく、何百種類にも分類される。その中で、抗原を一切持たず、誰にでも輸血することができる「Rh null」型が、この「黄金の血」である。

このRh抗原がまったく存在しない「Rh null」型は、2010年時点で世界中を見渡しても確認されているのは43人。医学的にも非常に重要なものだという。

凄いですよね。万能と血液「黄金の血」 ネーミングもそうですかなにか高貴な感じがします。

しかし、この「黄金の血」を持っている方々、他人に血液を提供することはできるのですが、もらうことはできなそうです。
この自己犠牲というスペックがより高貴な感じを醸し出しますね。

血液型と言えば、小学校か中学校で習った優性・劣性遺伝とRh±ぐらいしか知りませんでした。

医療現場でも、A型・B型・O型・AB型でRh±の知識さえあれば業務は成りたっています。

医学的に解明ができ、「黄金の血」が人工的に作れるなら、血液センターの血液不足という看板もなくなりますし、輸血感染というリスクもなくなります。
また医療現場で大きな事故に発展してしまう、「異型輸血事故」も根本的になくなります。
そういった時代を期待したいですね。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

  • 12月 02 2014
    • 2014/12/02(火) 13:59:21
    • [ 編集 ]
    • URL
    • そら-
黄金の血は供給はできてももらえない
なんて 事故にあったり手術事はタイヘンですね。
持ち主にとっては 黄金なんて命名
迷惑かも..デスネ
そらさん。コメントありがとうございます

そうですよね。自分にとってメリットないのに
周りからは「黄金の血」と。
迷惑かもデスね。



> 黄金の血は供給はできてももらえない
> なんて 事故にあったり手術事はタイヘンですね。
> 持ち主にとっては 黄金なんて命名
> 迷惑かも..デスネ

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。