フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人の集中力。そんなに持続性はないですよ

くたびれナースマンです。

安全への意識付けということで、投稿していますが今日は少し趣向を変えて

「集中して仕事に取り組めば」 「集中しなさい」 「集中してないからだ!」と現場でよく集中力を聞きます。
さて人間ってそんなに集中力を維持しながら仕事ってできるのでしょうか?

人間の集中力
年齢によって集中力の持続時間は違う

医学的にも「年齢によって集中力の持続時間は違う」とされており、学校の授業時間には一応の目安が反映されています。

小学校    ⇒ 45分
中学・高校 ⇒ 50分
大学     ⇒ 90分

「成人の集中力の限界は90分」


さざえさん

テレビ番組も「人間の集中時間」を考慮して作られています。

例えば、「サザエさん」は30分で3話、OP・ED・CMを除けば1話あたり7分から8分。

対象となる幼児期の子供たちが集中力を切らすことなく見られる長さです。

大人の見る2時間映画でも30分ごとに落ち着いたシーンが挿入されることが多いです。

単純な物語の緩急と視聴者を疲れさせない配慮がされているらしいです


ということで、集中時間の平均は?

このように「学校の授業」や「テレビ番組」などでも集中力の持続時間は考慮されており、他にも「会社の休憩時間」や「スポーツ」などでも集中への配慮が見られます。

これらを総合すれば、だいたい30分~50分ぐらいが平均ではないでしょうか?

かなりアバウトな結論ですが、「学校」や「テレビ番組」、「会社」や「工場」において、作業時間はだいたい「30分」「50分」長くても「90分」に設定されています。

ということで、平均して集中できる時間は「30分~50分」ぐらいでしょう。


集中力の持続時間の平均 まとめ

人間の集中力の持続時間はだいたい「30分~50分」ぐらい。
年齢によって集中力の持続時間は変わってくる。
一般的には幼いほど短く、大人になるほど長くなる。

日勤の8時間、夜勤(2交替)なら16時間。ずっと集中力を持ち続けるのは不可能なんですよね。

特に看護、重複業務や多重業務は当たり前に現場で行わなければいけない状況。
ただこのようなヒューマンファクターを知って、業務分担して上げれれば、少しは事故防止に繋がるかもしれませんよ。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。